海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 宮崎駿作品には「絶対」という言葉が出てこない。
 全作品ををチェックしたわけではないから、絶対とは言い切れないけど、私は聞いた覚えがない。
 「かわいい」「好き」「普通」「~とか」のように、日常会話でよく使われる単語。
 なのに、意識して避けているふしがある。

 宮崎さんは、嘘がきらいなんだと思う。
 この世に絶対なんてない。 そう決めつければ、嘘になってしまう。
 天動説が地動説にとってかわったように、かつての真理は、何度も覆されてきたのだから。

170604-a
「あら、私が嘘ついたことあった?」
「…ない」
「ね?」
(『風の谷のナウシカ』より)

 こんな台詞を作中キャラに言わせるくらい、嘘がきらいなんだと思う。
 代わりに「きっと」という言葉を使う。

170604-b
「またどこかで会える?」
「うん、きっと」
「きっとよ」
「きっと」
(『千と千尋の神隠し』より)

 絶対会えるとは言わない、けれど限りなく肯定に近い。
 きっぱりとした発音に、明るい希望を感じる。

 アニメーションは文字通りの絵空事、全部嘘で出来た作り話だ。
 それでも見ている間だけは、本物であり現実だ。
 そう思えるだけの魅力が、宮崎さんの作品にはある。


「漫画映画は嘘の世界です」
「でも、作り手は、嘘の世界を本物らしくしていく努力が必要なんです」
「嘘だなァ…現実じゃありえないなァ…って、見てる者が知っていながら、でも何か真実があるって心の底の方で感じとれるもの…。そんな漫画映画を作りたいですね、本当に」

(『出発点 〔1979~1996)』 徳間書店 から ―「コナン」を語るー より抜粋〕


 かつてこのように仰っていた宮崎さんは、誠実な人だと思う。


 そんな人が、引退宣言を撤回して、新たに長編映画を作るという。
 引退宣言は嘘じゃなかった。 本当に引退するつもりだった。
 それくらい、心身ともにエネルギーを使い果たして作品を作り続けた。

 だからこそ、新作に挑む宮崎さんを、尊敬しています。 すごい人だと改めて思います。
 …体 大丈夫かな?と不安に思わなくはないけど、楽しみに待ちます。
 いつまでも待っています。
 
スポンサーサイト
  1. 2017/06/05(月) 00:44:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YOI語り 2

YOIは、フィギュアスケートのグランプリシリーズを軸に物語が進むのですが、ほぼ同時期に現実のグランプリシリーズが行われていました。
 アニメで中国大会を見た後、現実の中国大会を見る…なんて体験、そうめったにあることじゃないでしょう。
 そしたら、アニメの登場人物であるはずの勇利たちが、本当にこの世界にいて、戦っているような錯覚を覚え、奇妙な臨場感を味わいました。

 この間の世界選手権も、いつにもまして真剣に観戦しました。
 そして優勝した羽生選手が、勇利の持つフリー歴代最高得点を更新した時には、何度も点数を確認して、震えおののいてしまいました。
 こんなことってあるの? わずか1.62点差っていう数字もリアルすぎて、つい何度も点数を見比べながら、羽生選手すごい!でも勇利の記録が破られて悔しい!と大騒ぎしてました。
 YOIを好きになってから、色んなスケーターの過去プロをネットで見たり、音楽を聴いたりしてるので、頭の中が忙しいです。


 YOIの虚構と現実を織り交ぜたストーリーって、放送局がGPSの放映権を持ってるから、ああいう展開にしたのでしょうか。 日程まで放映日時とかぶるよう計算して?
 わずか12話でそこまでできる余裕なかったと思うけど、どうなんでしょう?
 あの虚構と現実のごちゃまぜは、偶然の産物だったかもですが、いずれにせよ、作り手の罠にかかってしまったのは事実。
 そこまで計算してたとしたらすごいですね。 テレ朝で放映されて大正解です。
 2期はフジで全日本と四大陸とワールドやってほしいな…なんて欲張りですかね(^^ゞ
 
  1. 2017/04/07(金) 01:14:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YOI語り

 本編終了後3か月以上が経ちましたが、今なお熱冷めやらぬYOI。
 現在進行形でヴィクトルと勇利にドハマり中です。
 二人がハッピーエンドを迎えられて本当によかった。
 というわけで、DVDを見返したり特集を組んでる雑誌を買い集めたり、ピ〇シブに載ってるマンガや小説を読みまくっています。
 で、とうとうとら〇あなにも手を出して、届いた同人誌に狂喜乱舞。
 眠気も吹っ飛びそうな勢いで浮かれてます。 いや寝るけど。 少し熱を発散させたい。
 
続きを読む
  1. 2017/04/06(木) 00:58:59|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 またやっちゃった。
 つまみ食いしながら夜更かししてネットサーフィンしてた。
 た~のし~い。 やめられな~い。

 こうして今日も私は、私がこうしたいと望んだはずの行いとは真逆のことをして自らを追いつめる。
 健康に留意しようという自律の精神と、欲望に忠実な衝動が私を苦しめる。

 私は私が分からない。
 矛盾した私の心が真に望んでいるものは何なのか。
 誰か我に光を示せ。

 …なんてぼやいてないでさっさと寝ます。 寝るったら寝る!


私の欲する善を私は行わず、私の欲しない悪を私は行う」 パウロ
 
  1. 2017/04/05(水) 01:20:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人々は、最早、書きとめて置かなければ、何一つ憶えることが出来ない。着物を着るようになって、人間の皮膚が弱く醜くなった。乗物が発明されて、人間の足が弱く醜くなった。文字が普及して、人々の頭は、最早、、働かなくなったのである。
 (『中島敦全集 1』 「文字禍」より ちくま文庫)


 喪われた才知を惜しむ。
 あなが残したであろう才気煥発な旋律は、ごくわずか。
 あなたはあまりにも早く逝ってしまった。


 短編集、『古潭』。
 「狐憑(きつねつき)」、「木乃伊(ミイラ)」、「山月記」、「文字禍(もじか)」。
 中島敦は32歳の時、これら4つの物語を書いた。
 書きたいと願う人間の前に立ち塞がるであろう困難をテーマにして、4つの短編に残した。

 「狐憑」では、物語が人々から必要とされる理由を、「木乃伊」では、死と生まれ変わりを、「山月記」では、才能と努力をフイにする獣のような野心を、「文字禍」では、文字の精にとり殺される老博士を書く。
 あなたは文字を生みだした人間さえ疑う。 作家であるがゆえに。
 文字 とは、ひと とは、嘘と欺瞞と不正の温床でしかないのでしょうか。
 
  1. 2017/04/03(月) 22:10:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。