海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

別マ3月号

 別冊マーガレット 公式サイト → http://betsuma.shueisha.co.jp/

 今月の『君に届け』は、風早視点で、爽子との出会い~肝だめしの夜までを振り返ります。
 
 
 …あれ?
 この間読んだ小説オリジナル版『君に届け~明日になれば~』にも、似たような話があったような……。
 一瞬、小説版を漫画に描きおろしたのかと、混乱してしまいました。(^^ゞ


 さて、入学1日目にして、風早は明るく爽やか、爽子は霊感少女のイメージが、クラスに定着してしまいます。
 例えば、風早とクラスメイトの会話↓

生徒「あれっ 風早って… もしかして北中でショートやってた!?」
風早「そーそー あーーっ!! 幌北中でキャッチャーやってた!?」
生徒「おーー やっぱり!!」

 スムーズに話を合わせて、うちとける風早。
 ところが爽子には、これが通じません。
 道を教えてくれたお礼に、教室で爽子に声をかける風早ですが…↓

風早「さっき! どーもなー!」
爽子「………………… …………………っ …………………っ …………………っ!!」

 爽子のリアクションが、風早と正反対すぎて、爆笑。
 爽子は、驚きと感激にうち震えているだけなのに、風早は、
(あれ 馴れ馴れしすぎたかな)
と、勘違いしてしまいます。

 爽子の方は、誰かに親しく声をかけられるとは、予想もしてなかったんでしょうね。
 自己紹介の大失敗ぶりも、緊張と、ちょっとした言い間違いからですが、見事に勘違いされてしまいます。

 爽子は化粧映えのする、可愛い顔立ちの子だと思うのですが、そんなに陰気に見えるのか。
 妙にリアルで、そうだったのかと、納得させられました。

 想いが届いて、やっと始まった2人の新しい関係が、来月こそ拝めますように。

             

 妹に、『君に届け』 10巻 を読んでもらおうとしたら、
「あれ(9巻)で終わったと思ってた」
ですって。
 まあ失礼な!

 でも、あそこで終わるのも、アリだったかも?
 告白がうまく行くかどうか…ではなく、爽子の心の成長こそ、尊いのだから。

 誤解とすれ違いを重ねるうちに、風早は、前よりもっと、爽子を思いやる考え方が、出来るようになりました。
 爽子も、自分の心と向き合って、本当の気持ちを言おうと、決意出来ました。

 10巻でハッピーエンドでも、良かったかも?
 ……いや! でも、それじゃ寂しいよ! ファンにしてみれば、物足りないよ!
 もう少し、読み続けていたいのです。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/14(日) 02:02:55|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本×韓国 | ホーム | バンクーバー五輪 開会式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1040-90d2de12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。