海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒の戻り

寒の戻りの呼び名 goo天気より → http://weather.goo.ne.jp/information/04/10.html

 明日(というか今日)は、「若葉寒」になりそうだと、お天気ニュースで言っていました。
 四季を愛でる日本人ならではの、繊細な言い回しですね。

 3月は、余寒。 4月は、花冷え。 5月は、若葉寒。 6月は、梅雨寒。

 桜も散ったし、もう花冷えとは言い難いものね。
 それにしても、肌寒い日が続くなぁ。
 空が、今にも泣き出しそうな、どんより曇ったにび色です。

 昨日(というか一昨日)、真っ青な青空に浮かぶ、真昼の月を見ました。
 八重ざくらの花びらが、ゆれるたびに散ってゆきます。 そのはかなさ。
 代わって、つつじの蕾が、むくむくふくらんできました。
 花たちは、わずかなお日さまの光も逃さず、咲こう咲こうと頑張ってます。

 ~砂時計 閉じ込められし 砂粒は 流れては落ち こぼれては散る~
 休日は嬉しいけど、砂時計の砂になった気分でもあります。
 働く→休む→また働く…同じことの繰り返し。 はぁ。
 こんなことで気落ちしていては、毎年必ず咲く花たちに、笑われてしまいますね。

 気分転換に、近所の山をぶらつきました。 人がいなくて、気持ちが落ち着くので。
 同じ山登りでも、目的によって花見と言ったり、森林浴と言ったり、言葉は面白いですね。
 誰もいないだろうと思って、大声で歌いながら歩いていたら、おじさんに出くわして、ビックリしました。(´∀`;)

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/04/27(火) 01:00:39|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気になる新刊 | ホーム | ニンドリvol.194>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1079-00ceed2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。