海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ゼノブレイド』初プレイ

 '10-06-11 c
 『Xenoblade』(予約特典のサントラCD付)無事ゲットです。

 モノリスソフトが作った『バテン・カイトス』シリーズが好きなので、今作も購入しようと決めました。
 美麗なグラフィックは、世界観の構築に欠かせない要素ですが、モノリスソフトの技術は、充分それに応えてくれると安心しています。

 冒頭の映像シーンは、大作映画みたいな迫力でした。
 導入シーンの、お話とチュートリアル同時進行も、分かりやすい説明で親切設計。
 これからどんなドラマが起こるか、期待しながら、頑張ってクリア目指します。

 キャラクターのシュルクとフィオルンは、勇気と優しさを持ちながら、身近に感じられる気安さを体現していて、すんなりなじめました。

 RPGの主人公といえば、勇者、英雄、冒険家、いろいろあるけれど、シュルクは「探究者」って感じ。
 モナドという剣の秘密を探しながら、旅をするのが使命のようです。

 フィオルンが、シュルクとベンチでランチのシーン、昼のうちに街へ戻れなくて、ディナーになってしまいました。
 いや、つい、全部の敵と戦ってたら、遅くなってしまって。
 とろいな私。 ま、これもアリか。

 「40秒で軍事区に戻れ」
とのたまった、チョッカクヒゲのヴァンダム防衛隊長は、ラピュタのドーラみたいと突っ込んでおきますww
 

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/06/12(土) 02:23:17|
  2. ゲーム>任.天.堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010FIFAワールドカップ南ア大会開幕 | ホーム | 『君に届け』 FAN BOOK>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1097-b637ade4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。