海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本×パラグアイ

【2010W杯 決勝トーナメント 6/29(火) 試合開始:23:00
試合会場:ロフタス バースフェルド スタジアム 主審:デ ブレーケレ】

  パラグアイ 0 - 0 日本

         0(前半)0
         0(後半)0
         0(延前)0
         0(延後)0
         5( PK )3


 日本は、120分戦って、負けませんでした。
 両チームとも、力を振り絞って戦ういい試合でした。
 それだけに、運に左右されるPKで決着をつけられるのは、とても悔しいです。

 試合を振り返ってみると、日本はパラグアイの術中にはまってしまった気がします。
 相手は、守備に重点を置いて戦っていました。
 こちらがより攻撃的に、打って出る隙があったのでは?
 ボールを奪ってからの速攻に、時間がかかり過ぎてはいなかった?
 時間が経つごとに、疲れからパスミスが増え、反撃の糸口さえ見えない悪循環に陥っていました。

 駒野のPK外しより、本田が前半の決定機を外したのが、痛かったです。
 あれが、この試合最大のチャンスだったのに。
 日本代表は、まだ試合をコントロール出来ないから、先制点を奪って、勢いに乗りたかったのに。

 これで終わりなんて、残念です。
 日本が決勝Tに進出しただけでも快挙なのに、悔しがるなんておこがましいのだけど。
 プロリーグが出来て、まだ20年弱のサッカー新興国でも、いや、だからこそ、もっと真剣勝負がしたかった!

 それでも、本田の1トップという急造の布陣で、よく健闘したと思います。
 経験を積んで、強くなって、またW杯に出場したいですね。
 

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/06/30(水) 03:21:31|
  2. スポーツ&ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8強 激突 | ホーム | 決勝トーナメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1109-205e65c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。