海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展

 『岩波少年文庫創刊60周年・「借りぐらしのアリエッティ」公開記念
  宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展

 を見に、松坂屋名古屋店まで行ってきました。
 HPから割引券を印刷していったので、100円得しました。(^O^)/

■期間:平成22年9月22日(水)〜10月11日(月・祝)
■場所:南館8階 マツザカヤホール
 
 
'10-09-23

 ポスターのキャッチコピー、
「大切な本が、一冊あればいい。━━━宮崎駿」
にあやかって、ぱっと見て気に入った本を、一冊買いました。

 『たのしい川べ』(ケネス・グレーアム 著 石井桃子 訳)
 …タイトルと、表紙の絵に惹かれました。

 あ、挿絵を描いたE・H・シェパードって、『くまのプーさん』の絵を描いた人じゃないですか。
 それで吸い寄せられたのか。
 宮崎さんの推薦文にも、
「まあなんと 上手なさし絵でしょう」
と書いてありました。納得。

 会場限定スタジオジブリ特製「ミニ本」も無事ゲット!
(ポスターと同じ表紙のヤツ)
 宮崎さんの推薦文が、50冊分全部載っているのです。
 欲しかったんだー。+゚(*´∀`*)。+ 
 毎日先着150名と、数が限られているので、手に入れられるかヒヤヒヤでした。
 これでゲットしたミニ本は、前売り券のオマケと、会場で買ったCDのオマケと、これの3冊です。

 会場では、宮崎さんの推薦文の生原稿に感激し、筆圧の衰えにちょっぴりしんみりしました。

 『借りぐらしのアリエッティ』コーナーもありました。
 壁には、映画の1シーンの絵と、手の平サイズの穴が開いていました。
 のぞいてみたら、アリエッティとお父さんのポッドが、借りの最中でした(笑)

 アリエッティの家を再現したジオラマは、映画そっくり!
 その小ささと精密さにビックリしました。

 最近のフィギュアって、よく出来てますね。
 なびく髪や、翻るスカートまで、丁寧に作られていました。
 アリエッティが、ちゃんとショートパンツをはいていて、妙に感心してしまいましたw

 -・-・-・-・-・-

 帰宅後、図書館で借りた『えんの松原』(伊藤 遊 著 福音棺書店)を一気読みしました。
 「岩波文庫」と来れば、「福音館書店」も取り上げなければ。
 日本のファンタジー好きが辿り着く先は、岩波&福音館なのです。
 物語の宝庫!

 伊藤さんの作品は、時々無性に読みたくなって、何度も借りています。
 『えんの松原』には、二人の少年の掛け値無しの友情が描かれていて、胸が熱くなります。

 図書館で本を借りるのは手間だけど、期限付きだと読む気になります。
 DVDより、金曜ロードショーでジブリ作品を観る事の方が、多かったりするでしょ?
 手元にあるだけで満足してしまうから、図書館の本の方がいいんです。
 置き場所に困らないし、タダだし。

 同じ本を何度も読み返すのが好きな私ですが、これを機にまずは50冊、挑戦してみます。
 幸い、すでに読んだ本が含まれているので、何とかなるでしょう。
 いや、します。
 もうずっと前から、読もうとして手付かずの本が、いっぱいあるもん。
 読書家の宮崎さんにはかなわないけど、頑張るぞ!
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/09/23(木) 21:57:47|
  2. アニメ>ジ.ブ.リ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『君に届け』 12巻 | ホーム | 餃子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1152-ef36a620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。