海の底から

備忘録

アニメ2nd ep.4 わかってない

【あらすじ】

 放課後、講習会が無事終了した帰り道。
 爽子は、風早に言われたことばが、頭から離れません。
 風早も、ケントや千鶴に、爽子のことを分かってないと言われ、落ち込みます。
 
 
 翌朝、爽子と風早は、今までより更にぎこちない挨拶を交わしました。
 あやねと千鶴が、爽子たちの異変に気付きます。
 爽子が、風早と何があったのかを話すと、二人の親友は、励ましてくれました。

 爽子は教室で、クラスメートに講習会のお礼を言われます。
 皆に囲まれて微笑む爽子を、遠くに感じながら、風早は無力感に苛まれるのでした。


【感想】

 あっぱれ! あやねちゃん!
 よくぞ風早のバカに、蹴りを入れてくれました!
 ああ、すっきり!!

 よくも爽子を悲しませたな!
 お前なんか、一生「分かんね」ってボヤいてろ!


「私一人が 意識し過ぎて
 ……挨拶もちゃんと出来ない
 ……こわい……」

と、泣きながら訴える爽子に、あやねちゃんは、厳しくやさしく、励ましてくれました。

「ねえ爽子
 あんたずっと このままでいいの?
 怖いからって何もしなきゃ
 今の辛い状態が ずっと続くってことなの
 それが嫌なら 自分でどうにかするしかないんだよ」

 あやねちゃんは、爽子の気持ちも、風早の気持ちも知っています。
 その上で、上手に諭してくれました。

 この日のあやねちゃんは、髪を高い位置で結って、華やかにアレンジしていました。
 こんなオシャレで、素敵な親友がいてくれたら、心強いです。

 …ところで、この説教台詞、ピンが以前、あやねちゃんに言ったことと似てますね。
 受け売り?
 あらー、あやねちゃんたら、ピンに影響されてたのね。

 -・-・-・-・-・-

 ケントの 「爽やかスマーイル!」には、マジでイラッとしましたw
 宮野さんは、チャラいところとシリアスなところを、演じ分けるのが上手です。
 本物のケントみたい。

「ま そんだけ遠けりゃ 分かんないのも当然だな」
 ケントは意味深な言い方をして、風早の気持ちを揺さぶっています。

 ケントは、爽子が誰を想っているか、知っています。
 知ってて、あえて風早を、遠ざけようとしています。
 この辺りに、風早への対抗心というか、男としての妬みを感じます。

 風早がいい人ぶって、爽子に親切にしてるって、ケントは思ってるのかな。
 本当は違うのに。
 惚れてるから、爽子を構ってるだけなのに。

 ま、学校生活の中だけで、その人の全部が、分かるはずないですね。

 -・-・-・-・-・-

 風早は、どうしたらいいかも分からない様子。
 爽子の気持ちが、分からないから。

 頑張らないと、クラスに溶け込めない子の気持ち、風早には分からないんでしょう?
 人に嫌われたことがないから。

 陰口や悪口、黒い噂など、全然されたことないんでしょうか。
 だとしたら、風早は本っ当、恵まれた奴。

 二人がもっと、鈍感で無神経だったら、ここまでこんがらがっていなかったでしょう。
 敏感で繊細だから、そしてお互いに大好きだから、慎重にもなってしまうのでしょう。

 今は、慎重すぎて、二人とも臆病になっちゃってるけど。
 爽子が、がんじがらめになってて、見ていて辛いけど、ハラハラしながら見守っています。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/02/12(土) 14:50:22|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秘めたる恋 35 | ホーム | 『君に届け』ep.55感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1209-9368050f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索