海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ2nd ep.7 あきらめちまえよ

【あらすじ】

 2-Dの教室には、学校祭の準備をする千鶴、あやねたちがいました。
 トモとえっこは、放課後になっても姿を見せない爽子を、心配していました。

 爽子は、風早に振られたと思い、涙に暮れていました。
 
「俺の すき と 黒沼の すき は …ちがうね」

という、風早の言葉の意味を、カン違いしているのです。
 そこへ事情を知ったくるみが、発破をかけにやって来ます。

「あんた風早の 何を見てんのよ!!」

 くるみの涙と気迫に、爽子は返す言葉もありませんでした。

 一方風早も、爽子に告白して振られたと、悲嘆に暮れていました。
 そこにピンが現れ、一喝しました。

「んなもん あきらめちまえよ!!」

 ピンは、二人のすれ違いを知りながら、余計なおせっかいはしないつもりです。
 さらに思い悩む風早。

 学校際の衣装作りをするため、千鶴の家に来た爽子は、彼女にお礼を言いました。
 本気で叱ってくれた千鶴に、素直な気持ちを伝えることで、仲直り出来ました。

 翌日の学校で、爽子と風早の仲が噂になりました。
 必死で否定する爽子。
 何事もなかったかのように、その場を去る風早。

「多分 あんた 言葉足らず」

 二人の様子を見るに見かねて、龍は爽子に言いました。
 挨拶も交わせないまま、爽子は風早の後ろ姿を、ただ見送っていました。

<私 何も見ていなかったんだな
 自分からは 何もしてなかったんだ>

 爽子は風早に、まだ何も伝えていないと、思い至るのでした。


【感想】

 くるみちゃん マジかっけー!
 目にも止まらぬビンタが、ケントに決まりました。 強烈ぅ!

 あやねちゃんの啖呵も、ぶっちぎりで格好良かったです。

「爽子のため? 自分のためだろ。
 俺はいい奴だって 自己満足のため。
 あんたが 善意のつもりで やったことのために
 爽子がどんだけ 辛い思いしたと思ってんのよ!!」

 アニメオリジナルの台詞ですね、これ。
 ケントのしたことは、善意でもやさしさでもないと、一刀両断しました。

 厳しいけど、ここはケントに猛省してもらわないと。
 男前な女子たちに、清々しいほどすっきりしました。


 さて、爽子と風早の気持ちなどおかまいなしに、学校祭の準備は進みます。
 爽子は悶々と考え中。
 すごろくの、1回休み状態です。

 その分、脇役たちの活躍が光る回でした。
 アニメのストーリー展開は、小気味よいテンポで、気持ちがどんどん入り込んでいきます。

 爽子が、風早に対して何もしてこなかった、と気付いたのは、大きな一歩です。
 自分が好かれているとは、露ほども思っていない爽子。
 告白はおろか、つき合いたいと考えることさえ、しなかったのですから。

「誰かから……す……好かれてるって思えたの
 あの時が 初めてだったよ」

 千鶴に打ち明けた一言は、本心でしょう。
 今まで誰も、爽子を好きにならなかったなんて、信じられないけど。

 爽子は風早のことを、優しくて爽やかで明るくて正直で、誰に対しても平等だと思っています。
 だから自分にさえ、親切なのだという思い込みが、事態をややこしくしています。

 おまけに、風早には好きな子がいると思ってる…。
 そのせいで、爽子と風早は、悲しい誤解を招いてしまいました。

 ひっ迫した状況ですが、爽子の着実な歩みを、ひたすら見守るのみです。
 くるみちゃんの叱咤も、はにかみ屋の爽子の後押しになるはずです。
 命短し恋せよ乙女、です!

 3月5日は、新月。
 月が、太陽と同じ方向にあるため、見えませんでした。
 そこにあるのに、見えない……今の爽子と風早のようですね。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/03/06(日) 00:53:12|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の夢 | ホーム | 漫画『全力ウサギ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1216-3630b216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。