海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ2nd ep.9 告白

【あらすじ】

 風早に、ずっと言えずにいたことを、伝える決心をした爽子。
 夕焼けに染まる校内を、まっしぐらに走っていきました。
 
 
 風早は、教室の窓辺にもたれて、爽子のことを考えていました。
 そこへ爽子が現れ、扉のガラス越しに、目を見交わします。

 風早に出会い、その笑顔とやさしさに触れ、爽子の世界は一変しました。
 やがて大きく膨らんでいった、風早への想いを、爽子は告白しました。

 たとえ風早が他の子を好きでも、ちゃんと自分の気持ちを言おうと、爽子は勇気を奮い起こします。

「すきなの」

 風早は、扉を開けると、爽子を引き寄せ、両腕で包み込んでしまいました。
 しかし、クラスメートのジョーが教室に現れると、爽子は恥ずかしさのあまり、その場を後にしました。

 夜、仮装行列のために、爽子たちは衣装を、風早たちは山車を作りました。
 作業中も、心に浮かぶのは、相手のことばかり。
 風早は、爽子の元へ、メールを送りました。

 『明日 もう1回話させて』

 二人は 明日を待ちわびながら、学校祭の準備に追われるのでした。


【感想】

 『2ND SEASON』を制作してくださった皆様、本当にありがとうございます!
 最高にシビレました!

 薄暮に染まる、セピア色の教室。
 遠くから鳴り響く、鐘の音。
 最高にロマンチックな瞬間が…きた!

 ほとばしる想いのままに、全力疾走する爽子の姿は、ひたむきでした。
 迷いが吹っ切れたように、風早の待つ教室へ、一直線!

 顔をほてらせ、息を切らしている爽子は、けなげでした。
 走った後なので、少し乱れた黒髪が、いつもより艶っぽかったです。

 不意打ちで、久しぶりに目が合って、赤くなる風早は、初々しかったです。
 ドア越しとはいえ、真正面から爽子と向かい合ってしまいました。

 ここ最近は、ずっと避けてましたからね。
 でも逃げずに、「ごめんな」って。
 成長しましたよね、風早。

 今にも倒れそうなほど、ドア越しの爽子は、緊張してたと思います。
 しかも、風早には好きな子がいると、誤解しています。
 その上、「気持ちは変わらない」と、念を押されてしまいました。

 それでも、決意は揺らぎません。
 爽子は、緊張の極みで、立っているのもやっとだったでしょうけど、捨て身でぶつかりました。

(急に 色がついたみたいに 風早くんは 私の世界を変えたの)

 爽子のモノローグに、すごく共感しました。
 恋をすると、周りの景色まで、輝いて見えるのですね。
 価値観や考え方まで変わって、世界が広がる…素晴らしいことです。

 爽子は、ドアに隠れるようにして、風早に気持ちを伝えました。
 いじらしぃぃい!

 そして、ついに言いました。…風早が好きだと。
 うわあーっ! 熱い!です!
 イメージしてたのより、ずっと激しくて、ドガーンと来ました!

 風早もドガーンと来たようで、信じられない行動に出ました。
 爽子を、抱きしめちゃうんです!

 でもね、すっごいやさしく手を取るんです。
 爽子を見る目も、やさしいんです。
 それで、ぎゅううぅ~って抱きしめるの。キャー!

 とっさのことで、一瞬何が起こったか分からず、されるがままの爽子。
 が、爽子は風早のシャツを、震える細い指先で…ぎゅ…と掴みました。

 触れられるのが嫌なら、反射的に拒もうとしますよね?
 嫌じゃないから、控え目ながらも、ぎゅってしたんですよね?

 なんて奥ゆかしい反応。
 しかし、風早を悩殺するには、充分でした。

 風早と目が合った途端、自意識が戻って、あたふたと顔を隠すトコとか、もう可愛くて、いとおしくて、爽子大好きです!

 まあ、直後のお邪魔虫・ジョーはご愛嬌。
 ピンは、爽子を励ましてくれたから、許します。
 全然会話が噛み合ってなかったけどww

 携帯電話は、ウブピュアカップルには強い味方ですね。
 もしメールできなかったら、一晩中 苦悶することに…。
 今は便利なものがあって良かったこと。

 離れた時間が、この恋を深め、育むことになりました。
 誤解とすれ違いによる喪失感が、かえってバネとなり、一途な恋心を、さらに強く燃え立たせました。

 やっと二人が、お互いを見つめ合いました。
 抑え込まれた感情を、解き放つ時は近いです。
 次回への期待で、早くも頬が緩んでしまいます。
 もう溶けそうw
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/03/28(月) 01:29:31|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<震災の影響 | ホーム | キュリー夫人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1227-6728768b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。