海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ2nd ep.10 ここから

【あらすじ】

 学校祭の準備は、夜更けまで続きました。
 爽子は衣装を縫いながら、風早からのメールを胸に、明日を待ち焦がれていました。
 
 
 2日目は仮装行列。
 2-Dの生徒らは、各々趣向を凝らした扮装で、百鬼夜行に挑みます。

 爽子は支度に手間取り、風早と話す時間もないまま、校庭へ行きました。
 後を追う風早は、人垣をかきわけ、爽子を見つけると、声をかけました。
 お化粧をした爽子に、目を奪われる風早。

 爽子は、ありのままの気持ちを、風早に打ち明けました。
 一緒にいられて幸せだったこと、独り占めしたいと思ったこと、嫌われるのが怖かったことを。

「…私は… ここから 風早くんと 新しい関係を 作りたい
 ここから また 始めたいの」

 爽子の告白を、黙って聞いていた風早は、湧き立つ喜びを抑えきれず、叫びました。

「黒沼! すきだよ!」

 なんのためらいもない大きな声は、立ち去ろうとした爽子の元に、ちゃんと届きました。
 2-Dは、総合優勝は逃したものの、6位と大健闘でした。

 校庭には、キャンプファイヤーの炎に照らされながら、手を握り合う二人の姿が。
 爽子と風早は、両想いになりました。


【感想】

 ついに、待ち望んでいた瞬間が……!
 とうとう、二人の気持ちがひとつに重なりました!

 良かったね、爽子。
 いつも一生懸命な爽子を見てたから、本当に嬉しいです。

 頑張ってる人を見てると、応援したくなるものです。
 だから千鶴やあやね、それに龍も、エールを送ってたんだと思います。

 風早も良かったね。
 前日まで、死んだ魚みたいだったのに、今は 元気100倍!アン○ンマンかw

 ラストシーンの、おでこコッツンにびっくり。
 公衆の面前で、チューするかと思ったじゃないですか。
 (あのスケベなら、やりかねん)とか、途中まで思ってしまいました(^^ゞ

 -・-・-・-・-・-

 風早の、「平等になんて 1度も接したつもりない」を、「私のことさえも 分け隔てなく接してくれる」と思っていた爽子。
 いつ、「すき」の気持ちが、同じなのでは…と、気づいたのかな?

 やっぱり、風早に「すきだよ」と言われた時、確信したのかな。
 ジョーより 爽子を優先する 風早の態度からも、それがハッキリ伝わったでしょう。

 今までは自意識過剰で、風早の前だとカチコチに固まっていた爽子。
 なんで好きな人の前だと、変なことしちゃうんだろうって悔いても、どうにもなりませんでした。

 それでも、爽子がありったけの勇気をふり絞れたのは、風早と積み重ねた日々があったから。
 二人の恋路は、もたもたして危っかしいんですが、着実に歩んでいたのですね。

 風早の前で涙を流すことで、爽子は凝り固まった感情を、洗い流すことが出来ました。
 爽子みたいな子は、己の心に忠実に、素直に生きていけばいいんです。
 それがきっと1番いい。

 -・-・-・-・-・-

 番町皿屋敷・お菊役の爽子は、白装束に身を包んでいました。
 おしろいを塗った肌はさらに白く、髪はいつもより黒々と、唇は赤く艶めいてました。

 なにより、力強く輝く 大きな瞳が、爽子の魅力を際立たせていました。
 こんな眼で見つめられたら、風早じゃなくてもクラッとします。

 以前のおどおどした雰囲気が消えて、きれいになりましたね、爽子。
 自信がないと、女の子はきれいじゃなくなるから。(ホントだよ)

 仮装行列の間、風早はずっと爽子を見つめながら、これまでの日々を思い出していました。
 風早にとっても、爽子と過ごした毎日は、楽しく、充実していたんですね。

 これからも、爽子の想いを丸ごと受け止め、支えてくれると思いたいです。
 だからって、透視する勢いでガン見するなw

 -・-・-・-・-・-

 人生で、「初めて」何かをする時には、悩み、苦しみという形になる前の、もやもやを体験します。
 戸惑ったり、ぼうっとしたり、不安になったり、力が出なかったり、逆に力んだり…。

 私も、進学や就職など、いろんな節目で、もやもやを感じたことがあります。
 なんかいつもと違うけど、どうしてなのか分からない、ことばでは言い表せない気持ち。

 真っ黒な混沌の中で、渦を巻いてる、感情として意識する前の、なにか。
 赤ちゃんが初めてことばを発する前に、「ウー、アー」と、喃語を発して、練習するようなものなのかな?

 そうやって、心が 準備体操をしてる のかもしれません。
 だからかな、初めての恋のもやもやに、右往左往する爽子たちが、愛おしくてならないのです。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/04/03(日) 00:07:45|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜まつり '11 | ホーム | 八木重吉 『花と空と祈り』より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1231-5ca361cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。