海の底から

備忘録

アニメ2nd ep.11 祭りのあと

【あらすじ】

 爽子と風早は、待ち合わせをして、学校祭の打ち上げに出かけました。
 暮れなずむ街を、緊張しながら、並んで歩きました。
 
 
 カラオケボックスに集まったクラスメートたちは、異色の組み合わせ(?)に、騒然となりました。
 一同は真偽を確かめようと、二人を質問攻めにしました。

 風早は、皆の前で堂々と、「俺がベタ惚れなんだから」と言いました。
 あやねと千鶴は、その様子を、感慨深く見守りました。

 その後、海へ繰り出した爽子たちは、ケントとピンに出くわしました。
 ケントは風早に、爽子が泣いた理由が、誤解であったことを教えてくれました。

 ピンが酔った勢いで、爽子と風早をからかうと、二人の会話はさっそく行き違ってしまいました。
 誤解などされたくない風早は、キッパリハッキリ、気持ちを伝えました。

「俺と つきあって下さい! ずっと 大事にするから」
「…ハ ハイ……!」

 爽子も風早の目を見て、ハッキリと答えました。
 二人の明日が、ずっと続く喜びで、爽子は感激しました。

 翌日の学校では、二人の噂でもちきり。
 風早は、他クラスの生徒らに囲まれながら、爽子との仲を説明していました。

 皆と爽子の前で、決意も新たに「彼女」宣言をする風早。
 恥ずかしいけど、嬉しそうに微笑む爽子。

 そんなD組の騒ぎをよそに、足早に通り過ぎていくくるみを、ケントはただ見ていました。


【感想】

 ハチミツたっぷりの甘~いケーキを、がっつり食べた気分です。
 もうお腹いっぱいw

 爽子が幸せそうだと嬉しいのに、風早が幸せそうだとイラッとするのは、何でだろうw
 爽子の方が、より苦労してるように感じるからでしょうね。
 爽子贔屓ですから、私。

 さて、おつきあいをすることになった爽子と風早。
 「おはよう」の挨拶ひとつとっても、今までとは違う、気恥ずかしさでいっぱいです。

 爽子があんたの何なのか?をあやねに追及され、風早はハッキリ
「彼女!」
と、言い切りました。

 この日の風早は、爽子より早く登校していました。
 爽子を気遣って、自分が噂の矢面に立つつもりだったのでしょうか。
 一応彼氏だし、それなりに頑張ってるみたいです。

 さんざんからかわれ、ひやかされてたけど、よく持ちこたえましたね、風早。
 元はと言えば、派手な告白をした風早のせいですけど。
 もー、ハタ迷惑な王子様ですよ。

 爽子目線で見ている間は、風早を頼もしく感じます。
 でも私目線で見ると、ちょっとやんちゃで、幼くて、ヘタレに感じます。 ごめんね。

爽「…風早くん 真っ赤だよ」
風「えっ 目が!?」
爽「ううん…… ほ、ほっぺが」
風「ああー、もう  焦るわほんと!」
千「いやー目も赤く血走ってない? 風早」
あ「つーかとっくに操られてない? 爽子にさぁ」
 千鶴とあやねに突っ込まれてタジタジの風早と爽子の妄想が止まらないw


 -・-・-・-・-・-

 学校でのケントとツルとの会話を聞くうちに、変な妄想が浮かんでしまいました。
 ケントが、2-Dの打ち上げに来なかったのは、ラブラブな爽子と風早を、直視出来なかったから…なーんちゃって。
 今まで散々二人の邪魔をしてしまったから、いたたまれなかったのもあるでしょうが。

 海辺で、冗談めかして風早をからかうケントは、言うだけ言うと、さっさとその場を後にしました。
 爽子への、せめてもの罪滅ぼしなのでしょうけど…
 茶目っ気たっぷりな態度が、哀れな道化に見えてしまいます。

 チャラチャラ軽薄そうで、そうでもない、ケントの本心って、よく分からないなあ。
 学校では、テキトーに明るく振る舞う方が賢いんだろうけど、これから分かる時が来るのかなあ。

 -・-・-・-・-・-

 学校って、変なところ。
 全員同じ服装で、同じ授業を受け、同じ価値観を植えつけられる。

 多分、えらい人が「平等」の意味を履き違えたんでしょう。
 「みんな平等」=「みんな同じ」だと。

 だから、いろんな子を一律に扱うことしかしません。
 『みんなちがって みんないい』とはいかないのが現実なのです。

 子どもたちは、現実の矛盾を学んで、別々の顔を使い分けるようになります。
 すると、どれが本当の顔か、分からなくなるのです。

 爽子は違います。
 陰気だなんだと陰口を叩かれても、周りに迎合しません。

 愚直なまでに、自分を貫きます。
 それが、爽子の強さなんだと思います。

 爽子を見てると、つまんない意地や見栄を張るより、ありのままでいいんじゃないかと思えます。
 風早が爽子に惹かれるの、分かります。

 対照的に、自分を偽って生きていたのがくるみちゃん。
 爽子に本音をぶちまけて以来、キャラが一変しましたけどw

 爽子とくるみが相まみえる来週が、いよいよ最終回。
 寂しいよーーっ!
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/04/10(日) 00:51:13|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小説『君に届け 9 ~いつもとちがう夏~』 | ホーム | 6年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1234-fb39568e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索