海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『君に届け』ep.57感想

【あらすじ】

 沖縄修学旅行・2日目の夜は、ぶっちゃけガールズトークで更けてゆきます。
 
 
 爽子と千鶴は、あやねがBFの茂木とキスをしたと聞いて、大興奮。
 風早とキスする夢を見た爽子は、夜中に飛び起きてしまいました。

 3日目は、琉球村を班行動で見て回りました。
 2班の風早、龍、ジョー、アンディ、爽子、千鶴、あやねたちは、琉球衣装に身を包んで、記念撮影をしました。

 体験学習では、千鶴、あやねの計らいで、爽子は風早とシーサーの絵付けをすることに。
 昨日の夢を意識して、いつもより顔が赤らんでしまう爽子。
 いい思い出が出来たと、風早はご満悦です。

 記念におみくじを引いてみると、爽子は大吉、風早は中吉でした。
 肩が触れ合いそうな距離で、おみくじを見せ合いっこする二人。
 爽子は、いつの間にか二人の距離が縮んでいることに、改めて気付くのでした。

 あやねは、この夜も茂木に会いに出かけます。
 が、キスを求められると、「ごめん」と言って、拒んでしまいました。

 千鶴は、ご機嫌斜め。
 龍に告白した女の子から、難癖をつけられたのです。
 おまけに、龍本人から「関係ない」といわれ、怒りは増すばかりです。

 いつも一緒のあやね、千鶴から離れ、ひとりでいた爽子を、風早が待っていました。
 旅が始まって以来、初めて二人っきりになりました……。


【感想】

 恋は、人の心を和ませ、生きる楽しさを与えてくれますが、忍びない痛みを伴うようです。
 千鶴と龍と、あやねちゃんに、暗雲が立ちこめてきました。
 どーしよう!

 爽子と風早がいい雰囲気なのに、萌えキュンする余裕がないです。
 いつもの半分くらいしか悶えられない。
 困った困った。

 あやねちゃんは、知りあったばかりのBFと決裂?
 千鶴は、幼なじみの龍と仲違いしてしまいました。

 4日目は、お待ちかねの自由行動のはず。
(多分、5日目は移動日だから)
 だけどこんな状態で、どう楽しめというのでしょう。
 …なので萌え語りは少しだけ。

 -・-・-・-・-

「偶然じゃないよ! 待ってたんだよ」

 爽やか風早くんの笑顔炸裂!
 消灯前のわずかな時間、顔が見たいから待っていたなんて、素直でよろしい。

 爽子は、彼女冥利に尽きますね。
 風早が待っててくれて、嬉しくもあり、待たせて申し訳なくもあり。
 最初は戸惑ってましたが、素直に「うん」と言って、彼氏の隣にちょこんと腰かけました。 可愛い。

 え、まさか、修学旅行で、くるの!?
 待ってまだ心の準備が!ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

 だって、ファーストキスは青春の一大イベントだって、某きらぼしアニメで言ってましたよ。
 修学旅行というイベント中に、もっと大きなイベントが来たら、私の心臓が持ちませんって。

 …と見せかけて、どーせいつものように、ジャマが入るってオチでしょ?
 もう無駄に期待しないもんね。

 -・-・-・-・-

 思春期は、友達から受ける影響が、親やTVより大きくなります。
 爽子みたいな恋がしたいとか、千鶴は明るく元気でいいな とか、あやねのオシャレを真似してみたい、など。

 あやねちゃんの報告を受けたあおりで、爽子は夢の中で、風早とキスしてしまいました。
 ドラマや、映画のお話としか思えなかったことが、自分にも起こり得ると、自覚したようです。

 爽子は、もしその時が来たら、
「心臓……はれつする……?」
と、あやねちゃんに聞きました。

 まっすぐな目で問いかける爽子に、あやねちゃんは、
「…… しないよ」
と、答えました。

 あやねちゃんは、恋する爽子をずっと見てきたから、爽子の想いがどれほど強いか、知っています。
 いいなあ、こんな恋がしてみたいなあと、思ったことでしょう。

 でも、その相手は、茂木くんじゃないみたい。
 あやねちゃんが、恋をしてよかった と、心から思える日が、いつか来ますように。

 -・-・-・-・-

 ケンカは、声の大きい方が断然有利ですね。
 理屈ではなく、気合いと声量で、あっけなく勝負がついてしまいました。
 今度ケンカする時は、せめて1対1でやりましょうね、沙恵ちゃんとやら。

 そもそも、千鶴に文句を言う筋合いじゃありません。
 龍の好きな子が千鶴だと見抜いたのは、さすが、恋のなせるワザですが。

 千鶴にしてみれば、いきなり知らない女の子から難癖つけられたわけで、怒るのも当然です。
 まあ、ここで何らかの反応が無いと、龍への関心ゼロってことになるし。

 千鶴は龍が誰を好きか、気にはしてるようです。
 それが自分のことだと、微塵も思ってないのは、爽子と同じw

 ただ、龍はこういう時、余計な言い訳はしそうにないし。
 どう収拾をつける気なのかな? ハラハラしてきました。

 -・-・-・-・-

 風早が引いた、おみくじの恋愛の項目は、
「悩みも次第に解消し 愛情も育ちましょう」
でした。

 神妙な面持ちで、厳かに読み上げる風早の横顔が、私的ベストショット。
 おみくじを両手で捧げ持つ姿に、誠実さがにじみ出ていました。

 きっと、二人の未来に思いを馳せながら、爽子に語って聞かせてたんでしょうね。
 ずっと 大事にするからって、言ってたもんね、風早。

 この二人なら、時間をかけて、ゆっくりと、愛情を育んでゆけるでしょう。
 まだまだ、爽子たちから目が離せそうにありません。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/04/15(金) 02:13:47|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニメ2nd ep.12 大事な人 | ホーム | 小説『君に届け 9 ~いつもとちがう夏~』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1240-6a70924d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。