海の底から

備忘録

乙嫁語り

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る


 『エマ』でメイド愛を炸裂してくれた作者が、今度はシルクロード愛を爆発してくれました。
 遊牧民、民族衣装、装飾美術。
 そして、年の差カップルw
 これらに反応する方、買って損はないです。
 
 
 物語の舞台は、19世紀、中央アジア。
 カスピ海周辺の乾燥地帯。
 主人公のアミルと、夫のカルルクは、とっても仲のよい新婚さんです。

 夫に奥ゆかしく仕えるアミルは、8歳年上の姉さん女房。
 料理・裁縫はお手のもの、よく働き、弓矢で狩りもこなす、強いお嫁さんです。 (でも控え目なお嬢様)

 カルルクは、12歳ながら、冷静で理知的な少年です。
 顔に幼さを残しつつ、大人らしい落ち着きもあるのが、魅力。
 末っ子ですが、家の跡継ぎとなるよう、よくしつけられたのでしょう。


 日本の古墳時代にも、末子相続制というのがあったそうです。
 つまり、親元で育った子どもたちが、上から順に結婚して、家を出て行くんです。
 で、末っ子が家に残って、両親の面倒をみて、家の跡を取るわけですね。

 …こっちの風習の方が、合理的で自然な気がしないでもないです。
 なんで日本は、長男=嫡子に変わったんでしょう? 儒教の影響かな?
 ま、時代や場所によって、人の考え方は変わるってことですね。


 そんなことを想像しながら、読むのも楽しい。
 アミルの衣装や、馬を駆る姿を眺めるのも楽しい。
 19世紀の中央アジアって、日本とは生活の仕方が全然違ってて、それを知るだけでも楽しいです。

 でもやっぱり1番のツボは、アミルとカルルクの親密さ。
 可愛い夫を抱っこしたり、一緒に毛布にくるまったり、たまりませんなw

 カルルクもね、可愛いだけじゃなくてね、勇敢なんですよ。
 妻を守るため、身を挺して戦うりりしさに、アミル惚れ直し。この~。
 強さを秘めた優しさを持つカルルクは、将来いい男になるぞ、絶対。


 最新3巻では、タラスという未亡人と、イギリス人の旅行家・スミスの恋物語にチェンジ。
 アミルとカルルクの出番があまりなくて、しょぼん。
 どうやら作者は、いろんな遊牧民を描きたいようです。
 市場の風景や、買い物のシーンには、滾るものがありますが、早くアミルたちの続きが知りたいです。


 ちなみに、『風の谷のナウシカ』に登場する風の谷は、中央アジアの乾燥地帯をイメージして描かれたそうです。
 戦いに敗れ、砂に消えたエフタルの民のその後とか、想像しただけでドキドキ。
 なじみがないどころか、興味津々です。
 いろんな生活ネタとか、もっと読みたいので、次巻も期待しています!
 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/07/11(月) 23:55:11|
  2. 本&漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いよいよ | ホーム | トトロの住む家 〔増補改訂版〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1271-69a74eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索