海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初恋の頃

 スタジオジブリのアニメ映画は、映像だけでなく、音楽も素晴らしいのが特徴です。
 最新作『コクリコ坂から』でも、良い音楽に恵まれて、素敵なひと時を過ごさせて頂きました。
 
コクリコ坂から サウンドトラックコクリコ坂から サウンドトラック
(2011/07/13)
武部聡志

商品詳細を見る
 全29曲。坂元九さんの「上を向いて歩こう」も入っています。

スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」
(2011/07/06)
手嶌 葵

商品詳細を見る
 全13曲。映画のイメージ補完に最適です。
 
 
 宮崎吾朗監督は、映画音楽を担当した武部聡志さんのことを、“音楽職人”と称して、彼との出会いを「最大の幸運」と絶賛しています。

 もう一人、作曲を担当した谷山浩子さんも、この映画に彩りを添えています。
 私が好きなのは、「初恋の頃」。
 海の恋心を歌った歌詞が、胸キュンな1曲!
 うきうき、どきどき、そわそわ、ふわふわ…な、恥ずかしい気持ちになってしまいます。

 映画では短縮バージョンでしか流れてなかったから、『コクリコ坂から 歌集』を聴いて、やっと満足しました!
 9曲目に、
『初恋の頃』(ALBUMバージョン) 作詞:宮崎吾朗・谷山浩子 作曲:谷山浩子  編曲:武部聡志
が収録されています。

 今作では、主題歌の他は、吾朗監督の作詞です。
 吾朗監督は、女の子の気持ちを表した詩を書くのが、とっても上手。
 『ゲド戦記 歌集』の作詞でも思ったのですが、もっとリアルになった感じ。
 時々そういう人がいるんですよね。 イタコみたいに、その人になりきってしまうの。 性別関係なくw

 俊の気持ちを歌った「旗」「並木道 帰り道」も、とても良いです。
 先に好きなった方が、圧倒的に切ない気持ちを抱えるんですが、その表現がニヤけるくらいいいんです(ノ´∀`*)
 そっかー、俊は、名前も知らない海のこと、遠くからずっと見てたのかー、こいつぅ。

 「紺色のうねりが」は、脚本担当の宮崎駿さんと吾朗監督が、宮沢賢治の詩を元に作詞した、父子合作の曲。
 『生徒諸君に寄せる』という詩です。 映画の中でもチラッと出てきます。
 とっても勇気を奮い起こさせる詩です。
 駿さんは、宮沢賢治がお好きなんですよね。

 詩を読むと分かりますが、紺色のうねりというのは、朝1番の太陽の輝きだと想像しています。
 そうじゃないかもしれませんが(^^ゞ

 映画の挿入歌から、いろんな空想が広がって、今年の夏も、頭の中が忙しい~。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/31(日) 21:22:19|
  2. アニメ>ジ.ブ.リ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<積ん読 | ホーム | 近況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1277-be126a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。