海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

H×H 29

HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)
(2011/08/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る

 『HUNTER×HUNTER』29巻ゲット。
 表紙のマッチョ、最初誰だか分かりませんでした///(観音さまと福耳でやっと分かったw)

 連載再開(ジャンプ35・36合併号は8月8日発売)
 TVアニメ放送決定(10月2日(日)朝10:55より日本テレビ系にて)

 まずはめでたい!
 が、主人公のゴンが、とんでもない状況に陥ってて、それどころじゃなーい!
 キルアはますますカッコ可愛いし、私の好きなイカルゴとパームの見せ場もあって、嬉しびれたけど!
 それ以上に、戦況が刻々と変化して、先が読めません!!
 ゴンが「大丈夫」って言う時は、全然大丈夫じゃないんだもん!

 岡田斗司夫さんの記事(「HUNTER×HUNTER、この先の展開予想」)が興味深かったので、僭越ながら私も超ネタバレ感想 & 身勝手予想しました。
 閲覧注意!! 
 
 
 まずはおさらい。

 キメラアントの王を倒すため、プロハンター達は、敵のアジトに侵入し、それぞれ交戦中。

<モントゥトゥユピー vs モラウ ナックル シュート >
 死力を尽くした3人の攻撃も、ユピーの無尽蔵の力には及ばず、敗北。
 が、怒りの感情をコントロールすることを覚えたユピーは、3人の念能力に敬服し、見逃す。

< パーム vs キルア >
 兵隊蟻にされたパームだが、キルアに名前を呼ばれて、己を取り戻す。 
 現在パームはイカルゴと、キルアはゴンと行動中。 今パームが視えるのは、ゴン、キルア、プフ(?)。

< イカルゴ vs ウェルフィン >
 ウェルフィンの狡猾な念能力も、イカルゴの捨て身の攻撃には効かず、敗北。
 前世では仲間だったことが判明し、兵隊蟻のウェルフィンは、王を裏切る。

< 王 vs 会長 >
 戦闘では王の勝ち。
 が、会長は貧者の薔薇(ミニチュアローズ)で爆死。
 王は瀕死の傷を受けるが、プフとユピーを食べて、全回復→パワーアップする。

< ゴン vs ネフェルピトー >
 ゴンは、敵に操られたカイトを取り戻すため、コムギの治療後、ピトーと一騎打ち。
 が、カイトはすでに死んでいた。
 自分をかばってカイトが死んだ、自分がカイトを殺した……
 罪の意識に追いつめられたゴンは、己のありったけの力を振り絞り、ピトーを倒す。

< シャウアプフ >
 あっちこっちで暗躍中。
 王に肉体の7分の6を献上したため、パワーダウンした。


 私は、ゴンだけは手を汚さないものとタカをくくってましたが、作者は容赦ないですね。
 ゴンも、自分に甘くない子なので、カイトの死を自分の命で償おうとしました。
 でも、こんなのゴンじゃないです。 いきなり8頭身のムキムキマッチョなゴンに出てこられても、嬉しくないよー(泣)
 ゴンはこのままじゃ、膨らみすぎた風船みたいに、パンッと割れて粉々になってしまいそうです。

 やはり王を討つのはゴンなのでしょうか。 そのためにパワーアップしたのでしょうか。
 けれど、意外な誰かが止めを刺すかも知れません。

 鍵を握るのは、コムギちゃんでしょう。
 私はてっきり、ピトーの治療で眼も治ると、期待してたんです。
 で、初めて王を見たコムギちゃんが、
1. 恐れ慄く→王、悲しみのあまり暴走→ゴンに討伐される…キメラアント編・完

 もしくは、
2. 親愛の情を示す→カップル成立→王のきょうだいとコルトと共に、僻地で暮らす…キメラアント編・ハッピーエンド
 と予想してました。 2はないよね、甘々な考えです。 ただの願望です。


 岡田氏の、「プフはユダ」という指摘は、興味深いですね。 あっ、なるほどと思いました。 あいつだけは、生き残りそう。
 でも、「ウェルフィンごときにユピーは倒せない、爆弾の放射能では?」という指摘は、すごいな。 そこまで疑うのか。
 私は普通に、ウェルフィンの卵男(ミサイルマン)で倒したと思ってました。(ユピーは怒りっぽいから、一瞬で黒百足に食い破られたんじゃないかな)


 キメラアント編が描こうとしているテーマを、自分なりに考えてみました。

・ 食う、食われる
 食べることは生きることです。 キメラアントが人を食うのも、生きるためです。
 人と蟻、どちらにも、生まれたからには生きる必然があると思うんです。
 戦闘における勝負で決着がつくのではなく、結局どちらも生き残ると、私は思っています。
 それがこの星に住まうもののルール…この星は、出来るだけ多くの生き物が、生きられるように出来ているから。(人間だけは、それを無視してるけど)
 とすると、王が生き残れるかは、疑問符がつきます。 あの圧倒的な力は、生き物の範疇を超えている気がするので。
 …それを言うなら、ゴンも生き残れないかも(汗)

・ 人は、生きるに値する種族なのか?
 どこで何を間違えて、こんな凶悪な生き物が食物連鎖のトップに立ってしまったのか?
 放射能を巻き散らして、多くの生き物を絶滅に追いやってまで、人間が生き延びる権利があるのか?
 いっそ、蟻の餌になってしまえ…という作者の怨嗟の声が、聞こえる気がします。
 あそこまで人類の悪意を描かれたら、どうすればいいんでしょう。

・ 仲間を思う心
 この漫画の肝要な部分。 決して一方的な物の見方をしないんです。
 単純に敵を悪者と決め付けたりしません。 敵も仲間思いで、良い事もするし、時々なんで戦ってるのか分からなくなります。

 はてさて、どんな決着を迎えるのやら、とにかく続きが気になる作品であります。
 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/08/06(土) 06:43:09|
  2. 本&漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐賀のがばいばあちゃん | ホーム | 上を向いて歩こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1281-b0adb79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。