海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かもくな女の子の話

 これは、創作童話です。
 作中に登場する人物などは、すべて空想であり、実在しません。
 
 
【 かもくな女の子の話 】


 かもくな女の子が、空っぽの犬小屋の前で、立ちつくしていました。
 飼い犬のシロちゃんが、いなくなったのです。
 真綿のようにふわふわの毛をした犬で、女の子の一番の仲良しでした。

 女の子は、泣きませんでした。
 きっとシロちゃんは、死の国へ行ってしまったのです。
 女の子も、世界の果てにあるという、死の国へ行くことに決めました。

 女の子が、朝早く家を出ると、おとなりのおばさんに、声をかけられました。
「あら、おはよう。こんな時間に、どこへ行くの?」
 女の子は、ぺこりと頭を下げると、何も答えないまま、歩いて行きました。

 女の子は、森をぬけ、峠をこえて、ずんずん歩いて行きました。
 やがて、お日さまが女の子を追いこして、海へ沈んで行きました。
 女の子も、大きく息を吸いこむと、冷たい海に足をふみ入れました。

 女の子は、暗い海の底を、歩いて行きました。
 服が海藻のようにからみつき、だんだん息がつづかなくなりました。
 女の子も、海藻のようにゆらめいて、ゆっくり倒れました。

 女の子は、誰かに呼ばれたような気がして、目を覚ましました。
 魚のむれが、青白い夜光虫に照らされて、光っています。
 女の子も、魚たちと同じように、水の中でも平気で息をしていました。

 女の子は、魚のむれを追って、りっぱなお城へ着きました。
 こっそり部屋を見て回りましたが、いるのは、魚と、影のうすいたましいと、すきとおったがい骨ばかり。
 女の子のからだも、しだいにうすれ、すきとおってきました。

 女の子は、歩きつかれてしまいました。
 その時、城の入り口が、がやがやとさわがしくなりました。
 女の子も、さわぎに近づいて、様子をうかがいました。

「あっ、シロちゃん!」

 女の子は、思わず叫びました。
 真綿のようにふわふわの毛をした犬が、魚とたましいとがい骨に、かこまれていました。
 女の子も、魚とたましいと骨に、かこまれていました。

 魚が、ぶくぶく泡を吐きながら言いました。
「魚でもないのに、水の中にいるぞ」

 たましいが、ゆらゆら漂いながら言いました。
「死んでもいないのに、ここに来ちゃいけないんだぞ」

 がい骨が、かちかち歯を鳴らしながら言いました。
「かえれ、かえれ!」

「うるさい! あっち行け!!」
 かもくな女の子のどなり声に、さわいでいた連中はびっくり仰天。
 ちりぢりになって逃げてしまいました。

 女の子は、白い犬をだきあげました。
 犬は、濡れた黒目を女の子に向けました。
 女の子も、目を少しうるませ、まぶたをパチパチさせました。

 白い犬は、女の子に言いました。

「ご主人が迷子になってるっていうから、探しにきたの」
「探したのは私だよ。 さ、かえろ。 かえ…れるよね…?」

 白い犬は、困ったように首をふると、言いました。

「ちゃんと生きなきゃ、ちゃんと死ねないんだよ」
「いや、いかないで、いっしょに連れてって」
「今まで、ありがと。 また…ね……」

 白い犬は、ろうそくの火のように、ふっとかき消えてしまいました。
 女の子は、その場にすわりこみ、大声を上げて泣きました。


 …気がつくと、女の子は海岸で、ずぶぬれになって、倒れていました。
 浅瀬でおぼれて、波に押しもどされ、岸に流れついたのです。

 女の子は、涙が枯れるまで泣きました。
 涙は、海と同じ しょっぱい味がしました。
 やがて女の子は、よろよろと立ち上ると、朝日に向かって歩き始めました。


 月日は流れ、かもくな女の子は、もの静かな女性になりました。
 あれから十年、いいことも、わるいこともありました。
 彼女は今も、ちゃんと生きています。


 ―― おしまい ――
 

テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/11/05(土) 20:50:53|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花のたましい | ホーム | 霜月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1317-03873d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。