海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花のたましい

 最高気温が20度を下回り、風が冷たく感じるようになりました。
 母が、灯油を買いに行ったら、他にもたくさんの人が来ていたそうです。
 今年は、20年来使っていた居間のこたつを、ついに買い替えたので、あったかいです。 母の英断。
 いや~、今どきのこたつは、性能がすごくいい! 快適です。 もう離れられないw
 
 
 '11-11-10(小さすぎて見にくいけど)

  かすみ草が、芽を出しました! たった1週間で! すごい!
 昨日、まつ毛くらいの小さくて細ーい芽が、ひょっこり。
 そして今日、可愛い双葉を発見しました。
 固い石みたいに見える種でも、ちゃんと生きてたんだなあ。
 半分以上の種は、まだ眠ってます。 寒さにめげず、出てこい!

 会社の人たちは休憩時間、まつ毛パーマについて熱く情報交換していました。
 そんなことに時間とお金をかけるなんて どうかしてる、心底どうでもいいと思いながら、うちの可愛いまつ毛ちゃんたちのことが頭に浮かんで、ヘラヘラしてました。 いかんいかん。

 サルビアやニチニチソウ、アメリカンブルーにペンタスは、まだ元気。
 伸びた茎を、10月に切り戻して、花ガラ摘みはたまにしてます。
 この「切り戻し」と「花ガラ摘み」、最初はするのがイヤでした。
 せっかく育ったのに バッサリ切るなんて とんでもない! まだ咲いてる花を摘み取るのも もったいない!って思ってました。

 でもこれも、花のためなのです。
 風通しを良くしないと病気になるし、新しい花を咲かせるためにも、切らねばならないのです。
 髪を切るようなものと割り切って、カットしてあげるとすっきりします。
 切った花は、コップに挿して部屋に置くと、最後まで色と香りを楽しめます。


 「花のたましい」  金子みすゞ

 散ったお花のたましいは、
 み仏さまの花ぞのに、
 ひとつ残らずうまれるの。

 だって、お花はやさしくて、
 おてんとさまが呼ぶときに、
 ぱっとひらいて、ほほえんで、
 蝶々にあまい蜜をやり、
 人にゃ匂いをみなくれて、

 風がおいでとよぶときに、
 やはりすなおについてゆき、

 なきがらさえも、ままごとの
 御飯になってくれるから。

  (『金子みすゞ童謡全集3 空のかあさま・上』 JURA出版局 より)

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/10(木) 20:34:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本×タジキスタン | ホーム | かもくな女の子の話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1318-577752b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。