海の底から

備忘録

『君に届け』 episode 62 感想

【あらすじ】

 千鶴と風早は、港で、龍のことを話していました。
 
 
 風早は、龍が千鶴を好きなことを、本人に聞かなくとも気づいていたと、千鶴に言いました。

「…………わかりづらく思われんじゃん 龍
 周りからさ
 でも そんなんでも
 明らかに吉田のこと 大事にしてたしね
 それが どんな気持ちで でもさ」

「あたしだって そーだよ……
 ……
 ……
 わかってるよ…」

 そこへ、爽子とあやねがやってきました。
 風早が爽子に送ったメールで、千鶴が港にいることを知ったのです。

「……ありがとう…!」
「うん」

 爽子のお礼に短い返事をすると、風早は二人に後を任せて、その場を去りました。
 千鶴は、仮病を使ってまで学校を休んだ理由を、二人に打ち明けました。

「龍に 会いたくなくて」
「えっ…なに また何かあった? 龍と!」
「ううん」
「でも 昨日まで 龍も あんたも あんな 普通に―…」

 心配してあやねが問いただしても、千鶴ははっきり答えられません。
 爽子は、元気のない千鶴の手を握り、言いました。

「普通じゃ ないよ
 ちづちゃんが真田くんに 会いたくないなんて……
 ……普通じゃ ないよ…」

 千鶴と龍は、お互いに特別で、大切な存在です。
 龍に告白されたことで、今までの関係が壊れたことを、千鶴はずっと悩んでいました。
 あやねは諭すように、千鶴に言いました。

「龍は ちづを 全部しってる?
 ちづは 龍を …全部しってる…?」

 千鶴は、もう気づいていました。
 龍の気持ちを、知らなかった自分を。
 幼なじみでも、今はもう、知らない事の方が多いことを。


 ― 千鶴の回想 ―

 千鶴と龍は、小さい頃から大の仲良し。
 母親同士が仲良しなのもあって、いつも一緒に遊んでいました。

 千鶴は元気いっぱいで、母親から「ガキ大将」と呼ばれるほどでした。
 龍はのんびりマイペースで、口数の少なさから、小学校では誤解されることもありました。
 でもそんな時は、千鶴が間に立って、誤解を解こうと必死でとりなすのでした。

 やがて、千鶴が徹への恋心を意識した頃、龍もひそかに千鶴への想いを募らせていきました。

 ある猛吹雪の朝、千鶴はいつものように、龍を迎えに行きました。
 龍のおばちゃんが、風でとばされそうな千鶴のマフラーを、しっかり巻き直してくれました。
 二人はおばちゃんに見送られ、仲良く登校しました。

 それが、おばちゃんに会った最後でした。


【感想】

 ついに、千鶴と龍の過去話が語られる時がきました。
 ちょっと待って、心の準備が…とりあえず、私にもおにぎりを…。

「あたしには龍がいるから」(コミックス12巻・episode.50 より)
と、千鶴がよく言っているように、いつもそばに龍がいて、なぐさめてもらったりしていました。

 そして龍も、千鶴に助けられていたのでした。
 自分のことを分かってくれる誰かが、たったひとりいるだけで、気持ちが楽になるものなんですね。

 千鶴と龍って、互いに支え合う、うらやましいくらい最良の関係。
 どちらか一方が助けるだけの関係では、長続きしませんものね。

 なのに、千鶴は龍の好意を受け入れませんでした。
 他の男子なら、いつも助けてきたのに そりゃないよ、と怒りたくなる気持ちもあったんじゃないかな。
 しかし、龍の想いはもっと深いのでした。

 親子、友人、師弟、夫婦、いろんな人間関係があります。
 しかも年齢とともに、人間関係というのは変わっていきます。
 いつまでもお母さんのおっぱい飲んでる子はいないし、世話される側からする側に、教わる側から教える側に、立ち位置が変わったりします。

 もちろん、幼なじみも変わってゆくでしょう。
 千鶴は、その変化に戸惑い、ためらってるんじゃないかな。
 近くにいすぎた距離を 一旦切り離して、時が経てば、自然と受け入れられるのでは?
 それがいつかは、まだハッキリしないけど、必ずその時は来ます。

 人と人との関係って、「強い」絆より、「深い」絆が理想的ではないでしょうか。
 だって、相手を強く抱きしめたら、壊れちゃう。
 相手の存在理由、出会った意味について、深く知ることが大事なんだと思います。


 表紙について。
 風早がネクタイをしてるのは、TVでやってた映画版を意識してのことでしょうかね。
 ピンの「さ~わや~かくーんっ!」には笑ったなー。
 しかし、TV放映のために、ずいぶんカットされていました。
 体育祭で龍が活躍するところや、くるみの告白シーンまでバッサリ。 ほんと、残念。


 爽子と風早について。
 二人の仲は、まったく進展してませーん。 長いインターバルに、我慢も限界ですぅぅぅ。
 キャラへの試練が読者への試練にもなってる…かないません。

 それはそうと、爽子のサンタケーキ、おいしそうでした。
 風早に見せたら、絶対ウケるw ぶはって吹き出すよw
 次号予告の三つ編み爽子も、可愛い。 『赤毛のアン』みたい(*´∀`*)

 ふと、新章突入してから、まだ4日ほどしか経ってないことに気づきました。 超スローペース。
 その分、細やかな心理描写に徹していますが。
 いつになったら、クリスマス&大晦日が来るのやら……トホホ。
 

テーマ:君に届け - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/11/14(月) 02:13:14|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本×北朝鮮 | ホーム | 日本×タジキスタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1320-e86cb71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索