海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『君に届け』 episode 63 感想

 『君に届け』15巻は、2012年1月25日(水)発売!
 ってもう来年か、早いな!
 収録回は、episode60~63(2011年10月号~1月号)。(多分)
 修学旅行が終わって、あやねとケント、千鶴と龍、爽子と風早の関係が、微妙に変化した頃のお話です。
 春は、まだまだ遠い。
 
 
【あらすじ】

 ― 千鶴の回想 つづき ―

 真田家のお通夜で、千鶴はぼんやりとうなだれる龍に、何も声を掛けられませんでした。
 お母さんを突然 交通事故で亡くした龍は、、悲しみが大きすぎて、泣くことも出来ません。
 隣の部屋では、無邪気にはしゃぐ子どもらの笑い声が。
 かっとなって文句を言いに行こうとした千鶴を、風早の母が止めました。

「悪気が あるわけじゃないの」
「とても悲しくなったり …少し日常に戻ったり」
「そういう風に …なってるんだよ」
「悲しみが 続かないように」
「それぞれの 形で」

 千鶴は泣きながら、龍のお母さんと 最後のお別れをしました。
 家に帰ると、千鶴の母が おにぎりを食べさせてくれました。
 風早の母に諭された言葉が、千鶴の胸をよぎります。

「普通におなかがすいたり」
「悲しみが途切れて笑う瞬間があっても―――」
「それは 悪い事ではないんだよ」

 また、日常が戻ってきました。
 千鶴は、いつものように毎朝 龍を迎えに行きます。
 そして、龍のお母さんがしていたように、龍のマフラーをしっかり巻き直します。
 徹と龍は、千鶴の家や、風早の家で、晩ご飯を食べるようになりました。
 担任の先生に、
「困ってる事とかあったら何でも言えよ」
と言われても、龍は、
「大丈夫」
と答えるだけです。
 そんな龍を、クラスメートは同情しつつも、
「いつも通りでよかったよね」
と、ささやき合うのでした。

 でも、千鶴は気づいていました。
 龍が泣かなかったこと、笑わなくなったことを。

 夜更け、寝つけない龍が見たのは、父の わびしい背中。
 龍は、父にも兄にも気持ちを言わずに、そのまま部屋へ戻りました。

 龍が、何も打ち明けなかったのは、自分だけがさみしい訳じゃない…と考えたからでしょうか。
 お母さんが事故に遭ったのは 吹雪の中、自分を迎えに車で出かけたせい…と、己を責めていたのでしょうか。

 ある雪の夜、龍の家に、千鶴がおにぎりを置いていってくれました。
 龍は、徹を好きな千鶴が、兄を思いやってしたことだと思いました。
 しかし、徹がGFの家に招かれた日も、千鶴はおにぎりを置いていくのでした。

 それが数日続いたある夜、とうとう現場に居合わせた龍。
 千鶴は、叱られた子犬みたいにこわばった目で、

「……これ… 龍にっ…………」

とだけ言うと、泣き崩れてしまいました。
 大声でわあわあ泣く千鶴の姿を見ているうちに、龍の目にも涙が溢れ、二人は肩を抱き合って泣きました。

 春になり、徹が高校を卒業し、遠くへ引っ越しました。

「ちづね あんたの姉弟になるから
 なるからね ぜったい」

 千鶴は、龍の手を握り、ずっと一緒にいると、海を見ながら誓いました。
 龍は、千鶴が徹のお嫁さんに と願っているから、そう言ったのだと思い、複雑な心境です。

 ― 千鶴の回想 終わり ―

 千鶴は、同い年のきょうだいなら、龍とずっと一緒にいられると思っていました。
 でももう、きょうだいではいられない、とはいえ、何もなかったように接することも出来ません。
 千鶴は爽子たちに言いました。

「…やっぱ イヤだ こんなの
 整理できないけど 答え出ないけど 龍に
 今ぐちゃぐちゃに思ってること ぶつけないと」

 おにぎりを手作りして、千鶴は龍に会いに行きました。

「…… ちょっと早いけど 誕生日プレゼントだよ
 今年は―――
 あたし 龍が喜ぶ物とか 選べないから!!」
「………でも くれんだ」

 素直に喜ぶ龍と目が合うと、千鶴は真っ赤になりました。

「………はずかしーんだよ…!!
 なんで すきだとか言ったんだよ
 そんなこと言ったら終わるじゃん
 今までの関係が終わるじゃん
 あたしはっ
 大事だったよ
 すごく大事だったよ!
 でも もう終わるんだよ!!
 だって 龍に会うたび思うんだよ
 今まで 考えたこともなかったことを
 こいつ あたしのこと すきなのかって――――」
「思えよ
 ………思えよ
 あの時 告白しない理由が なかった
 終わらせたかったんだよ
 終わらせろ!
 やっと 始まるんだ」

 龍は、千鶴の腕をつかんで、千鶴と同じように、自分の気持ちをぶつけるのでした。


【感想】

 勝負の時、来たーーーっ!!
 龍はいい男だって知ってたけど、あの切れ長の目がヤバイ、格好いい!
 普段は不器用で口下手だけど、決める時はビシッと! それが龍ですよ。
 いやー、小っちゃい頃から龍は、一途な男だったんですね~。
 
 徹のお兄ちゃんらしさも見られて、和みました。
 普通、母親がいなくなったら、家の中が荒れて、
「洗濯物取りこんどけって言っただろ!」
「うっせー! そっちこそ食器洗うのサボったじゃねーか!」
みたいな喧嘩が起きそうですが、仲が良くて いいなぁと思いました。
年の離れた兄弟だからかな?

 にしても徹は、器用だなぁ。 彼女にちゃっかり甘えてさ。 この時の彼女、はるかちゃんじゃないですよね?
 徹に比べれば、確かに龍は不器用でしょう。
 けど、一人を想い続ける恋と、たくさんの恋、どっちが良いとは言えませんから。

 吉田家の様子も、今回初めて分かって ちょっと嬉しいです。
 今は千鶴が着ているお古のトレーナーを、兄が着ている!(笑)
 千鶴の作るおにぎりが、何気に進化していくのも、細やかな演出でした。
 最初はどうしても、ご飯粒が手にくっついて、うまく握れないんですよね。 子どもは体温が高いからなのか、皮膚が柔らかいせいかな?
 それでも一生懸命握って、持って行ったのは、龍のため。
 泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草、なんちゃってw

 千鶴はどうして、龍と一緒にいられるよう願ったのか。
 龍のため、だけじゃないでしょう?
 龍のお母さんや、徹との別れを経験して、龍とだけは、離れたくないって、思ったんでしょう?
 今回、ああ良かったと思ったのは、千鶴が、ちゃんと自分の気持ちを、龍に伝えられたこと。
 龍はどんなボールでも受け止める、名捕手ですから、もう大丈夫、だと思います。
 千鶴はつくづく幸せ者!


 付録の「別マJAPAN」、岐阜県マンガの感想も。
 街並みが田舎くさくないのは、作者の絵が上手すぎるせい。 ホントはもっと、もっさりした街です。
 ホッケー部とか、ベトコンラーメンとか、地元の民には嬉しいネタてんこ盛りでした。
 10Pにまとめた恋模様も、続きが読みたくなりました。
(でも、信長像は純金じゃなくて、ただのメッキですw)
 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/12/13(火) 00:00:01|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<おうちで見よう。 | ホーム | プレイメモ2>>

コメント

ももちん さんへ

こんばんは、ももちんさん! 萌え大爆発のしょーもない感想にコメント下さって、ありがとうございます。 穴があったら入りたい…いえいえ、とっても嬉しいです!
千鶴と龍を見てると、幼なじみ 良いな~、私も幼なじみ 欲しいな~って思います。
本編では、爽子たちみんなでクリスマスをやるようなので、千鶴と龍の胸キュンな展開が拝めるかも、です。 お互い期待して、次号を待ちましょう。
それでは、遊びにきてくれて どうもありがとうございました!!
  1. 2012/01/16(月) 19:27:35 |
  2. URL |
  3. 藍田海 #-
  4. [ 編集 ]

龍カッコいい!

龍は、やっぱり男ですね!

千鶴ちゃんの表情が切なくて、胸がキュンとなってしまいました。
  1. 2012/01/15(日) 19:20:32 |
  2. URL |
  3. ももちん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1333-b24fe6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。