海の底から

備忘録

歌い初め2012

あなたしかいないと言われてみたかった 君の代わりはどこにもいない

何もかも放り投げたい 満月の 彼方にかかる 白虹淡し

本当にこれでよかったの?いいんだよ 繰り返す問いに答えはあらず

頑張って そう伝えたい人がいる 泣きたくなるほど まぶしすぎる君

目に映るすべてが心の糧となる さんざめく海 晴れ渡る空

頑張っても頑張らなくてもいいんだよ ありふれた日々誇らかに生きる



 恋を知ったあの日から、なにげない日常が一変した。
 輝く純金より重く、価値があった、君との日々を、心の宝石箱に閉まった。




(注…上記の文はすべてフィクションです)
 

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/01/12(木) 20:49:18|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『君に届け』 episode 64 感想 | ホーム | 心機一転>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1344-24a7497f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索