海の底から

備忘録

心がけ

   心がけ

聞く時 心がけることは 想像する ということ
ことばには 深い意味があるから

話す時 心がけることは 思いやる ということ
ことばの力は とても強いから

読む時 心がけることは 繰り返す ということ
ことばの真意は 文章の裏にあるから

書く時 心がけることは 分かりやすく ということ
ことばは 受け身な存在だから

そして1番肝心なこと
本当に伝えたいことは てみじかに



   早春

眠りから覚めた種が 一斉に芽吹く
少女たちは 髪を風になびかせ 覚えたての詩を口ずさむ
少年たちは 子犬のように じゃれあい遊び回っている
雨は降るごとに あたたかさを増し
虫を追う鳥たちは 陽気にさえずりを交わす
明日晴れたら 部屋の窓を明けて お散歩に行こう



足下の 小さき双葉 見下ろせば 太陽見上げ 花の夢見る
(3/5 啓蟄の日に)



(3/10 加筆、修正)
 

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/03/05(月) 23:18:51|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あれから一年 | ホーム | ネット離れ>>

コメント

し・・・さんへ!

こんばんはー! 藍田は元気ですよー! ちょっとヤな事があったくらいでへこむほど、ヤワじゃありませんです、はい。 風早じゃあるまいしw
『ひまブロ』はいつも通りです。 ここは、言いたいことが言える 隠れ家のようなものですから、離れません。 私が危険なサイトへ近づかないようにするだけです。
その代わり、有効な最新情報は得られませんので、あしからず(^^ゞ

爽子&風早にぞっこんラブですねえ。 そんなに感心されるような感想記事じゃないけど、喜んで頂ければ 幸いです。
なんせ、作者より年上ですからね、私。…多分(^-^;)
10~20代が多いであろう君届ファンの中の、珍しい意見として 読んでやって下さい。
で、
「風早くんが頑張るのは当然(←)としても、本音では爽子ちゃんにも頑張ってほしいです。」
と、なるほどねー。
主に爽子の頑張りで、これまで乗り越えてきたんだから、今度のことも そうあってほしいですよね。 私もそう思います。 風早は当然として(笑)
これがおとぎ話なら、お姫さまは王子さまと結婚して、幸せに暮らしました…でハッピーエンドでしょう。
でも人のつながりって、1回届いたから、もうOK!じゃないんですよね。
言葉の軽さ、心の見えにくさが、人間関係をややこしくしてしまう…。
それを解消するには、繰り返し伝えるしかありません。
めっちゃ保護者目線ですけど、二人とも頑張れ!と、応援しながら見守っていきましょう。

P.S. 心配してくれて、嬉しかったです。 ありがとうございました!
 
  1. 2012/03/11(日) 19:06:09 |
  2. URL |
  3. 藍田海 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/03/09(金) 16:29:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1365-ec53f4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索