海の底から

備忘録

『君に届け』 episode 66 感想

【あらすじ】

 風早は、爽子に
「悩みがあるの?」
と聞かれて、
「ないよ」
と素っ気なく答えたものの、内心では激しく動揺していました。
 
 
 その後、雑貨屋へクリスマスプレゼントを買いに行った風早は、爽子の父と出会いました。
 父親に、娘と真面目につきあっているのか や、クリスマスの予定など、矢継ぎ早に質問されますが、

「クリスマスは みんなでやります」

と、風早は はっきり答えました。
 心底安心した顔で、父親は家路に着きました。

(………やっぱ これで良かったんだ)

 緊張から解放され、ため息をつく風早。
 店を出た所で、今度はケントに会い、誘われるまま、喫茶店へ。
 風早が、

「話があったんでしょ?」

と 促すと、ケントは打ち明けました。

「……すきな子ができたんだよね――――」

 途端に風早は、勢いよく立ち上がりました。

「あげないよ」

 ケントを鋭く射抜く風早の目は、炎のようです。
 一瞬、気圧されたケントは、盛大に吹き出し、腹がよじれるほど笑いました。

「貞子ちゃんじゃないよ!」
「えっ!?」

 大笑いされた風早は、見当違いの受け答えをしてしまったことに赤面しました。

「ほんと やっぱ貞子ちゃんのこと大事なんだね」

 ケントの一言が、風早の胸に響きます。
 ケントは、やっと本題を話しました。

「風早に ちょっと 聞きたいことがあって
 …あやねちゃん
 …あやねちゃんなんだよ」

 予想外の答えに驚く風早。 ケントがあやねを好きだとは、まったく気づきませんでした。
 ケントは、あやねへの想いを 切々と風早に語りました。

「…すきまがあかないんだよ あやねちゃん
 なんで あの子はあんなに自信ないんだろう
 内面 見せたがらないんだろう
 どうしたら ふみこませてくれんだろ

 はは だからプレゼントも――
 …なんか 本当に欲しい物とかわかんなくてさ
 まいるよね~~
 …おかしーかな こんなの」

 風早は、おどけた笑みにまぎれたケントの本心を知り、言いました。

「イヤ …わかるよ」

 あやねに関心を寄せるケントは、風早に聞きました。

「――あやねちゃんの今までの恋愛って聞いたことある?」
「ないけど――…
 ほっぺた はらして 学校来た事はある」

 気まり悪そうに風早は答えました。 1年の秋のあやねの姿は、クラスメートの皆が目撃しています。
 今度はケントの目の色が変わりました。

「あ…
 ああも――――――――――――――!!」

 ケントの驚きぶりに驚く風早。

「なんでそんな恋愛してんだよ あやねちゃん!
 もっと… こうさ――――!!
 あるじゃん!
 こう! 楽しいこといっぱい!
 オレ そーいうことできるのに!
 オレ支えんのに! めっちゃ大事にすんのに!!
 何やってんだよ男たちは!!」

 すでに別れたあやねの元カレに対し、本気で怒るケント。 怒りの矛先は、爽子とぎくしゃくしている風早にも向かいました。

「風早も! 何やってんだよ そばにいながら!!」
「え!! わ わるい」
「イヤ ちがう
 だから 今 オレなんだわ」

 ケントは、ひとりで頷きました。 風早も、ケントの本気を感じ取り、頷きました。
 納得してすっきりしたケントは、風早に爽子とのことを聞いてきました。

「風早は はたしてどーやって貞子ちゃんの心をこう 開いたのかなーと思って
 やっぱこー 爽やかな感じがいーのかねー」

 なにげないケントの一言が、風早の心に引っかかりました。

「…俺 べつに爽やかじゃない」

 風早は、おそらく誰にも言ってこなかった胸の内を、ケントに話しました。

「爽やかじゃないとだめなの?
 でも どーいうのが爽やかっていうの?
 俺は――――――
 …………
 そんなんじゃないよ 全然
 三浦とか 他の奴が言うような
 …多分 黒沼が思ってるのとも」

 意外な返答に面食らうケント。 風早の独白は続きます。

「黒沼が思ってるような自分でいられてるのかわかんない
 ある程度周りを見る事はできても 自分とかすきな子のことはわかんない

 大事にしたいけど どこまでが大事で どうしたら大事じゃないのかわからない
 そんで 俺がそんなんだなんて 黒沼 思ってないと思う」

 じっと聞き入っていたケントは、カップを皿に置き、風早に言いました。

「…うん 思ってんのと違ったかも
 風早と貞子ちゃんはさ …似てるよ」
「…初めて 言われた……」

 爽子に似てると言われ、風早は はにかんだ笑顔を浮かべました。
 店先で別れたケントは、風早の背中を見つめながら、思うのでした。

(…「貞子」のレッテルをはられた――貞子ちゃんと
 「爽やか」のレッテルをはられた 風早か―――…)
(もー「風早」っていうレッテルはられてるようなもんだな
 お互いそんなこと 思ってないのにね…)

 黒沼家では、父親が、風早と会ったことを、爽子に伝えました。
 二人でクリスマスはやらないと 父に話した風早の言葉を聞き、もしかしたら…という爽子の淡い期待は、消えました。

 爽子は部屋でひとりになると、風早に振り払われた手を見つめました。

(……ゆっくり 手をとって……
 ………おろされちゃった………)

 爽子の手のひらに、次々と落ちる雫は、溢れてこぼれた涙でした。

(まちがえた
 まちがえてた 私――――――
 距離をあけてたのは私じゃなく 風早くんのほうだったんだ)

 爽子は、風早に遠ざけられたと誤解して、悲嘆に暮れるのでした。


【感想】

 風早のアホーーーーッ!!
 何泣かせてんだよ!!
 ケントとボーイズトークもいいけど、そういうことは 爽子にぶっちゃけなさい!もおお!!

 爽子から、「話があって」と言われて、(別れ話されんのかと思った)風早。
 弱気だなあ。 そんなだから、爽子が不安がってるのも気づかないんです。
 爽パパに声を掛けられた時の、風早の驚きようも、すごかったです。
 別に 後ろ暗いトコも、やましいこともしてないのに、ナーバスになりすぎです。

 それに、好きな子のことだけじゃなく、自分のことも分からないとは。
 わかんないって答えはないです。 考えを途中放棄してる。
 感情を無理矢理抑えている限り、事態は悪くなる一方ですよ。
 押さえつけられたバネは、より強い力で反発しますから。


 …どうでもいいけど、今年のクリスマスプレゼント、風早も手袋を選んだんですね。 なんて気の合う二人。
 でも爽パパは、娘の手編みの帽子 かぶってるのに、風早がかぶってないと、爽子が手編みの手袋 あげにくくなるのでは…って、それどころじゃないか。


 風早とケントのボーイズトークで、風早の考えてることが、ちょっと見えてきました。
 今までは、ケントが爽子に好意を持ってると思って、風早は警戒してたんですね。
 でもケントがあやねちゃんを好きだと知ってからは、友情めいた雰囲気になりました。

 すごいな、ケントは。 彼のコミュニケーション能力は、まっすぐ意志を貫く頑固者の本音さえ、語らせるのですから。
 私はケントを応援します。 あやねちゃんのために、ケントには頑張ってもらいたい!

「…わかんないけど
 なんか傷ついてることだけはわかるんだよ」

 うんうん、それさえ分かってれば大丈夫な気がします。
 あやねちゃんを救えるのは自分しかいないと、使命感に燃えるケント。
 鋼鉄で出来た彼女の心の扉を、開くことが出来るのか。 更なる攻防戦が見られそうです。
 でもいいよな ケントは。 自分に自信があって。 風早にも少し分けてやってよ。


(久しぶりに、宇多田ヒカルの『DISTANCE』が聴きたくなりました。 彼女がこの歌を作った頃って 風早たちと同年代でしたっけ。

 ♪I wanna be with you nou
   いつの日かdistanceも
   抱きしめられるようになれるよ

 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/03/13(火) 06:35:29|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お出かけ | ホーム | 3月の雪>>

コメント

やすさんへ!

 やすさん、こんばんは、 はじめまして! こんなへんぴなブログへ ようこそおいで下さいました。
 本誌を読んだ後は、気持ちを溜め込んでおけなくて、書いて発散してるだけなんですが、少しでも役に立ててるのなら嬉しいです。 読者の方々の勝手な感想や、独自の解釈を読むの、私も大好きです。

「自分が読んだ印象と 違う印象になったりすることも」
あるですって? 全然的外れな事 書いてるかも、ですよ。 だ、大丈夫かな?
 そうそう、風早とあやねちゃんの状況が似てるというご指摘は、言い得て妙ですね。 ふたりとも、相手から逃げてますよね。
 誰かが背中を押してあげられればいいのですが、じれったいですよね!
 この悪い流れが変わる瞬間を、私もメッチャ期待して 待ってるんですけどね!

 修学旅行以来、歯車が狂いっぱなしの爽子と風早。 どうしてこうなったのかなあと、何度も考えました。
 でも今は、その場の勢いとか、成り行き任せで してしまわなくて 良かったと思っています。 それじゃあ、相手を大事にしてるとは言えないもの。
 やっと風早が本音をぶっちゃけたので、そろそろ状況が一変すると 私は予想しています。 それこそ北幌じゅうの雪が溶けそうな熱々っぷりが見られるでしょう。 きっと、もうすぐ。 でないと私は狂う;▽;
 ではでは、コメント下さって、どうもありがとうございました!(・∀・)/~~
 
  1. 2012/03/25(日) 22:12:52 |
  2. URL |
  3. 藍田海 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして!
いつも楽しみにブログ拝見させてもらっています^^
特に、君に届けの感想は、自分が気づかなかった事とかなるほど~と
感じる事があって、改めて読み返すと最初に自分が読んだ印象と
違う印象になったりすることもあって、奥が深いなぁと感じています。
私の勝手な感想なのですが、
手を伸ばしても逃げられちゃうケントに対し、
爽子が手を差し伸べてくれたのに逃げた風早。
今の風早は、あやねちゃんと似ているのかなと思いました。
店で本気で怒ったケントの言葉
「風早も!何やってんだよ そばにいながら!!」
この言葉、今の風早に届いてほしい!と切実に願ってしまいました^^
そして、彼氏彼女になって初めてのクリスマス。
とっても素敵なクリスマスになってくれることを期待してる私です^^
  1. 2012/03/25(日) 21:32:55 |
  2. URL |
  3. やす #GNpDnBoc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1369-58048a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索