海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名作アニメシリーズ

シリーシンフォニー 名作アニメシリーズ VOL.10 [DVD]シリーシンフォニー 名作アニメシリーズ VOL.10 [DVD]
(2010/09/15)
シリーシンフォニー

商品詳細を見る


 メアリー・ブレアさんがコンセプト・アートを描いた短編映画『小さな家/The Little House』『青い自動車/Susie,the Little Blue Coupe』が収録されたDVDを、近所のホームセンターで発見! 500円! 即買いしました。

 『シンデレラ』のDVDも、懐かしくて買っちゃいました。
 『シンデレラ』の魔法の杖の光は、今見てもキラキラ輝いていました。 あれにどれだけ憧れたことか。
 魔法使いのおばあさんが、ドレスを出す前、シンデレラのサイズの他に、瞳の色もチェックするんですよね。 日本人の私には、それがとても新鮮だった事を覚えています。
 …あり?王子さまって、出番これだけ? ま、何もしない方が、いっそ潔くていいです(^-^;)
 
 
 『ディズニーアニメーション大全集 決定版』(Disney FAN 編集部/編 講談社)によると、シリー・シンフォニー(寓話交響詩)シリーズは、音楽に合わせてアニメーションが動く、ディズニーの短編アニメ だそうです。
 普通はアニメに合わせて音楽を付けるものですが、音楽主導のアニメというのは、いかにもディズニーらしい。 有能な音楽スタッフがいたからこそ、ですね。

 その後は、ウォルトさんの実験工房的役割を果たすようになったようです。
 テーマソングの誕生や、マルチプレーンカメラの開発などが、のちの長編作品に生かされることとなりました。
 誰も見たことがない すごい映像を作りたいという、ウォルトさんの挑戦精神と、若いスタッフの熱意の賜物ですね。

 1939年、シリー・シンフォニーシリーズは終了しますが、短編はその後も作られ、題材も表現スタイルも自由な、珠玉の作品が生まれました。 それらがこのDVDに収録されています。


 『青い自動車』 1952年
 スージーが、嬉しくてスキップしながら走るシーンは、こっちまでウキウキしました。 車が女性に擬人化されて、スキップしちゃうんですよ。 アニメならではの発想。 で、男(持ち主)に捨てられるトコとか、けっこう風刺が効いてました。

 『小さな家』 1952年
 原作の絵本が持つ柔らかな風合いを残しつつ、脚本に手を加え、スリリングな展開になっていました。 家がみじめに落ちぶれて行く様に 老いの悲哀を感じ、近代化の波にさらされ 壊されそうになるシーンに ハラハラさせられました。

 『勇敢な機関士』 1950年
 ハチャメチャナンセンスギャグアニメ。 時間通りに駅に着くため、機関士ケーシーは体を張って奮闘します。

 『チキン・リトル』 1943年
 ニワトリがキツネにだまされるお話。 結末のシーン、Σ(゜ロ゜;)!! ←こんなんなりました。まじで。 こういうのもありなんだ。 寓話だし、作り話だから、いいのか…な。

 『ペリカンとシギ』 1944年
 なんでペリカンが夢遊病?とか、どうしてシギと友達?とか、突っ込んではいけない。 アニメでは、小さい方が頑張り屋なのは普遍的事実。

 『ちびのヘラジカ・モリス』 1950年
 体は小さいけど角は大きい子と、体は大きいけど角は小さい子が、協力してボスジカに挑みます。 三本の矢 のような、教訓的お話。

『牡牛のフェルディナンド』 1938年
 木は優しくて力持ち、花を愛する牛の子のお話。 他の牛のように闘牛になりたいとは思わず、木陰で花に囲まれていれば幸せ。 他人と価値観が違ったっていいのです。

『優しきライオン・ランバート』 1952年
 みにくいアヒルの子 ならぬ、羊の子・ランバートのお話。 一応ハッピーエンドだけど、本能に目覚めたライオンは、その後 羊たちとどうなったのやら(^-^;)
 
  1. 2012/03/20(火) 21:59:32|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わたしはとべる | ホーム | メアリーさんのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1373-075413ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。