海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

向かい干支

 年賀状を書いてから半年経つと、今年の干支ってなんだっけ…ってなりません?
 最近知ったけど、こんなのがあるんですね↓

☆ 向かい干支 (むかいえと)
 自分の生まれ年にあたる干支から数えて七番目にあたる十二支の動物(十二支を円状に配した場合、自分の干支と向かいあわせになる動物)のこと。
 向かい干支を大切にし、身辺にその柄をあしらったものを持つようにすると、幸福が訪れるとすることが、江戸時代から俗信として行われた。

 (Wikipediaより抜粋)

 私は子(ね)年だから、午(うま)年が向かい干支です。
 馬といわれても…競馬くらいしか思いつきません。
 あ、ファンタジーでおなじみの ペガサスとか ユニコーンなら好きです。

 ギリシア神話に登場する、ペイレネの泉(ヒッポクレーネー)は、ペガサス(天馬)がひづめで大地を割って沸き出た泉水で、詩人に霊感を与えたといいます。

 ユニコーン(一角獣)は、ヨーロッパの伝説上の動物で、インドに産し、馬に似て、額に角を持った姿で描かれています。その角で作った杯は、毒を消すといわれています。
 一角獣を手に入れると、大きな幸運が舞い込むと信じられ、実際に探した人もいるとか。
 ま、想像上の動物ですから、誰も入手できなかったでしょうが。

 星座の世界にも、ペガスス座、いっかくじゅう座があります。こうま座も。
 半人半馬なら いて座、ケンタウルス座、なんてのもありますね。
 さそり座の左隣、いて座の南斗六星を、梅雨の晴れ間に探してみよう。
 
  1. 2012/06/12(火) 20:20:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本vsオーストラリア | ホーム | 歯科通い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1418-486bd51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。