海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイジを見直す

'12-12-19
左から
『別冊宝島 私たちの好きな アルプスの少女ハイジ TVアニメ全52話パーフェクトガイド』
『キネ旬ムック BSアニメ夜話07 アルプスの少女ハイジ』(キネマ旬報社)
『ハイジ 下』(福音館文庫)
『ハイジ 上』(   〃   )

 すいません、嘘つきました。
 ブックオフで、ハイジ関連本を買い漁りました。
 今まで買った本を読み切るまで、買いません宣言はどこへやら。

 だって、BSプレミアムで再放送中の『ハイジ』が面白いんですもの!
 ただ懐かしくて見てるのではありません。
 水曜の午後6:30が近づくと、すごくわくわくします。
 別冊宝島のガイドを左手に、原作を右手に持って、毎週待機してます。
 なんでこれだけ有名なアニメの関連本がこうも少ないの!?もう手に入らない本もあってくやしいよ(;д;)

 演出・高畑勲、39歳。
 レイアウト・宮崎駿、33歳。
 アニメの世界ではすでに有名でしたが、世間的にはまだ無名だった頃のお二人が手がけた52本のお話。
 どれも子どもへのやさしさでいっぱいなんです。
 きっと、おじいさんがハイジを見つめる時の、あの慈愛に満ちた眼差しで、理想の世界を創ろうとしたんです。
 アニメでしか表現できない映像を追い求めて、わずか数秒のシーンにさえ工夫を凝らして。
 もみの木に積もった雪が、光を受けてキラキラしていたり、ソリが風を切って、飛ぶように滑ったり。

 子どもの頃は、口をポカーンとあけて、ただ見ていました。
 制作当時のお二人より年をとった今は、少しだけ作り手の立場に添って見られます。ほんとに少しだけですが。
 どんなに不遇であっても、子ども達に、健やかであれ という願いが込められている。
 だから作り手は、良い作品を作ろうと努力を惜しまなかったし、『ハイジ』を見ている間は、とても幸せな子どもでいられたんだと思います。

 来年は、宮崎駿監督作品『風立ちぬ』と、高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』が公開されます。
 その前に、お二人がタッグを組んで作った入魂の作品をよく見直しておこうと思います。
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/12/19(水) 20:53:51|
  2. アニメ>ジ.ブ.リ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HUNTER×HUNTER 32 | ホーム | 異見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1471-92e987bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。