海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君.に.届.け 18巻

 1/25に発売された最新巻。
 別冊マーガレット・2012年10月号~2013年1月号掲載分(episode72.~75.)+加筆分11ページ が収録されています。
 本誌掲載時にはなかった各話のタイトルが付くと、また違った印象で読み返すことができます。
 
 
 本誌掲載分の感想は、もう書いたので省略。

 加筆分は、episode75.のつづきでした。
 爽子の家で、クリパ終了後、風早たちが帰るシーンと、爽パパ・ママが会話するシーンが追加されていました。

 今回のモヤモヤの そもそもの発端は、風早が爽子の家に招待された日から、なんですよね。今思うと。
 二人のすれ違いは 修学旅行からですが、二人の気持ちの変化は、風早が爽子の手を握ろうとしてやめた、あの夜から。
 だから 爽子と風早が、気持ちを素直に話せるようになって、よかったなぁと思いました。
 なんでもいいからいっぱいメール送り合って、いっぱいおしゃべりして、もっと仲良くなるといいよ。

 そして、爽パパが二人の仲を認める発言をしたことで、話が丸く収まったなぁと思いました。
 「いつでも遊びに来なさい! みんなも! 風早くんも!!」…爽パパよく言ったな。可愛い娘のために、そこまで譲歩するなんて。

 臨床心理学者の河合隼雄さんが、
「Q 子育てにゴールがあるとしたら、それはいつでしょう?」という問いに、
「A 子どもが本気の恋愛をしたら、親の役目もひと段落です」と答えていました。
(『Q&Aこころの子育て 誕生から思春期までの48章』 朝日文庫 より )

 なるほどなぁ。
 子どもがどんな相手を選ぶか…に、親がそれまでやってきたことが全部出るんだなぁ。
 娘が素敵な恋をして、とても幸せそうで、親としては喜ぶべきなんですが、やはり寂しくもあるんですね。

 高校を卒業したら、爽子は巣立つようです。
 就職か進学かは分かりませんが、爽子の学力からすれば、大学へ行くでしょう。行かなきゃもったいない。勉強できる子は、どんどん学べばよろしい。
 「一緒に暮らせるのも あと一年なのねえ……」と爽ママにはっきり言われたので、卒業がクライマックスとなる確率が高いです。
 ここらで今後のストーリ展開の希望を書いてみます。こういうのが見たいという勝手な願望です。

 夢 を語ってほしい。

 三人娘が10年後についてちょろっと話した内容に、肩透かしを食らいました。結婚して子どもがいるかも…とか、それだけ?って感じ。
 爽子は ささやかな、しかし彼女にとっては切実な願いを語ってましたね。
 それとは別に、やりたいこと、叶えたい夢、もっとたくさんあるはず!
 夢みたいな夢を語れるのは、高校時代がラストチャンスかも、です!
 漫画の中でくらい、将来の夢を 思いっきり語り合ってほしいのです。
 進路について描くなら、大きなスケールで描いてほしいと思います。 こんな生きにくい時代だからこそ!

 そんなことをぐだぐだと、これ↓を聴きながら考えました。「misato・ribbon」は当時、クラスの女子みんな聴いてたのよ。
・10years/渡辺美里 → http://www.youtube.com/watch?v=LRQLRWAXtLg

 …勝手放題書きました。申し訳ない、もうしない。…こともない(*'▽')ノ
 

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/02/04(月) 20:22:11|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダフニスとクロエー | ホーム | 道半ば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1481-8e002ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。