海の底から

備忘録

『君.に.届.け』 episode 77 感想

 マーガレット&別マは、今年創刊50周年ですって! おめでとーございまーす!
 というわけで、楽しいイベントをやるそうですよ。 入場無料だそうなので、お近くにお住いの方、足を運んでみては?

「マーガレット&別マ 創刊50周年展in丸の内」
他にもイベント有り。HPはこちら→http://betsuma.shueisha.co.jp/50th/
 
 
【あらすじ】

 元旦、仲睦まじく初詣をすませた爽子と風早は、千鶴に呼び出され、徹龍軒へ。
 そこにはピンと、龍と、龍の兄・徹が。
 あやねも合流し、騒がしくも賑やかなひと時を過ごします。
 風早は、徹との再会を喜び、昔話に花を咲かせました。
 爽子は、ピンから一つの宿題を出されました。


【感想】

 一年の計は元旦にあり。
 いろんなことを乗り越えて、二人の今があるんだなぁ。
 爽子と風早が、手をつないで参道を歩いてるだけで、なんかしみじみしちゃいました。

<ピンの宿題>
「三学期までに 自分の将来の あらゆる可能性を 1つでも多く 考えること
 夢物語みたいな ことでも なんでもいーから 妄想 しとけ!」

 episode60.で提出した進路調査票の中身、爽子はどんなの書いたのかな~って気になってたんですよね。
 で、ピンの宿題から察するに、爽子は現実的かつ堅実な希望を書いたんでしょう。 公務員 とか。 想像ですが。
 父親も公務員ですし、一日一善をモットーとする爽子が書きそうなことだなと予想しました。
 でもそれでいいのか?と、ピンは言いたいんでしょう。
 まだ高校2年生ですし、もっと大きな夢や希望を語るのもありだと思います。 でないと爽子本人が、きっと満足しないでしょう。

 爽子は、理想の自分を設定して、そこに到達するまでの努力をするのが上手だな、と前から感じていました。
 テスト勉強でも、そば打ち(笑)でも、準備から実践まできちんとこなす。
 チャレンジスピリットの塊で、やればできると信じてる。
 だから爽子には、無難な道は選んでほしくないです。 良い事言ったピンさんに、あっぱれを差し上げます。

<たぬき寝入り>
 龍が切ない。
 先月の次号予告絵が龍だったので、千鶴との間になにかが起こる…と ひそかに期待していましたが、何もありませんでした。 妄想し過ぎだよorz
 ちなみに今月の次号予告は風早。 でも爽子との間に何かが起こる…とか変な期待はもうしません。 しませんったら。

 告白はしたものの、千鶴の反応は鈍く、自分から動くに動けず。
 今は我慢の時、とはいえ、焦りは募る一方でしょうし、誰にも打ち明けられない想いを抱えて、辛いでしょう。
 親友の風早は 浮かれ中だし(-_-;)
 まったく友だち甲斐のない。 少しは相談に乗るとか、幸せのおすそ分けをしなさい。
 千鶴と徹の会話を、そっと盗み聞きする龍の胸の内を思うと、私はもう…。
 孤独に耐える龍を、誰かなんとかして下さい。

<ピンの夢>
 いい加減 教えて下さい ピンの年。(一句できた)
 爽子たちと何歳差なんでしょう?
 徹が8歳差で、それより1~2歳上、と考えて、いま26~27歳くらい? (差が10歳未満なら、少女漫画の許容範囲だな)
 昔は高校野球に情熱を注いでいたという事実に驚愕。 なんかチャランポランで、練習さぼってたイメージがありました。 失礼しました。
 プロのスカウトが来るほどの腕前なら、甲子園出場は果たしたんでしょうかね。 でなきゃスカウトは来ないでしょう。
「やりたかったんだよ 高校野球をもう1回」
 と、背中で語るピン。 しびれますなぁ。
 ピンは在学中から進学希望だったので、先生になるのが元々の夢だったようです。
 でも野球も好きで、面白くて、だったら高校教師になって、甲子園を目指そう…ということでFA?

 龍も、プロ目指してるのかな? 身近に 夢を実現しそうだった人がいるなら、自分もやってみよう と自然に考えるでしょう。
 そして浮かれ風早は、どうして野球やめたのかな…うーん、どうしても疑問がそこへ行きついてしまいます。

<灯台下暗し>
 千鶴と龍は、きょうだいより近い距離にいすぎたのではないでしょうか。
 近すぎるから、千鶴は自分の気持ちさえ見えなくなって、それで悩んでる気がします。
 徹がなにかしら後押ししてくれるかとも思いましたが、特に助言もせず、見守るようです。 徹、あんなテキトーな奴だったとはw もうすぐパパになるのに、大丈夫なの?
 家族でもなく、他人でもなく、友だちでもない…幼なじみの恋って、何気に難易度高いですね。

<ケントの役目>
 今月号は出番のなかったケント。 その代わり、あやねの隣にはピン…。
「返却されたらあたしらいるんで!(千鶴)」とか、「1人になったらいつでも帰ってきてねー(ケントガールズ)」とか、別れても平気だよ!と言わんばかりの周囲のセリフ、おかしいと思ってたんです。
 いい人はフラれるのが、少女漫画でよくあるパターン。 まさか、ピンの当て馬にされてしまうのでは…いやまだ決まってないですが。
 ケントがピンと対峙する日が来たら、それはそれでワクワクするけど、とりあえず今は、ケントを応援します。
 ピンはケントのように甘くないからね。 よっぽど締めてかからないと。 博愛主義でも、戦う時は一歩も引くな!
 …いかん、すでに判官びいきになってる(^-^;)

<無難なあやね>
「おまえ なんか 全力で やったことって あんのか? 勉強でも スポーツでも 恋愛でも」
 ピンにこう言われたあやねは、いつものように歯切れよく言い返せませんでした。
 ピンは相手の弱い部分、内面を突くのうまいですね。 あやね以上です。
 でも意地悪で言ってるのではなく、子ども扱いもしてませんでした。
 好きなことでもなんでもいいから、一生懸命やらないともったいない、というのは、私も思います。 
 やりたいことがないと言われたら、とにかくやってみてから言えと言いたい。
 …だからケント、なのかな? 二人とピンがどうなるか、予断を許さぬ状況です。

 爽子は、初めてネックレスをもらって、それが好きな子からだったなんて、素敵ですね。
 でも、爽子の初めてをかっさらっていくのが すべて風早ってのは、ちょっと腹立つw
 あちこちで噂される風早のゲキレツ父が、そろそろ出てきそうな気配なので、みっちりお説教してもらいましょうww
 

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/13(水) 22:39:04|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<もうすぐ春分 | ホーム | 夢日記1~2月>>

コメント

あんず さんへ

こんばんは! 記事をお読み下さいまして、ありがとうございます。

> なんだかんだでピンって結構いいこといいますよねw

そうなんですよね。ピンは心に残るメッセージが多いです。先生らしくないとこもいい!
それではコメント残してくれて、どうもありがとうございました!
  1. 2013/09/02(月) 21:18:10 |
  2. URL |
  3. 藍田海 #-
  4. [ 編集 ]

なんだかんだでピンって結構いいこといいますよねw
  1. 2013/09/02(月) 16:48:59 |
  2. URL |
  3. あんず #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1489-85a5be05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索