海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本対ブラジル

【FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013
 キックオフ:2013/6/16(日)4:00/試合会場:ブラジリア(ブラジル)】

日本 0-3 ブラジル

得点 ネイマール(前半3分)
    パウリーニョ(後半3分)
    ジョー   (後半48分)
 
 
・立ち上がりと終了間際、リスタートからの失点の多さ。
・FWの得点力不足。
・敵のミドルレンジからの攻撃に対応できない、加えて日本はミドルシュートが少ない。
・連携不足。 戦術理解が徹底されていない。 香川が誰もいないスペースに何度もパスを出していた。

 …など、いろいろ問題点がありましたが、この試合の狙いがよく分かりませんでした。
 そもそも、守って引き分け狙いだったはず…にしては、中盤でパスミスを繰り返しては、奪われてカウンターを食らってました。
 あの3失点目も、日本の攻撃直後、内田の裏を突かれた格好でした。 吉田が相手にあっさりかわされては、川島もどうしようもありません。

 ザックが本田を下げた時点で、ああもう点を取る気がないんだな、この試合捨てたな…って投げやりなムードになってしまいました。
 本田が1番チャンスを作ってたのに、1番闘志むき出しにして走ってたのに、監督が戦いを放棄してどうする。
 確かに、審判がブラジル有利の判定しまくりなとこもありましたが、非常に悔いの残る試合でした。 立て直せるかな?
 ここからが真に試される時です。

 にしても、フッキのシュートすごかったです。 大砲みたいw 何あの体躯。 ネイマールのスピードもすごかったなぁ。
 逆に日本選手は、体をぶっつけられ、ふっとばされてばかり。 耐えられたのは本田、長谷部、長友くらい。
 まずは体質改善しないと><


・日本代表のスタメン↓ フォーメーションは4-2-3-1。
 TVでは下記表記でしたが、左から香川、本田、清武で、岡崎の1トップでした。 本田は2トップになったり、左・右サイドに流れたり、かなり自由に動いてました。 しかし奏功せず><

           MF4本田

FW8清武      FW10香川       FW9岡崎

     MF7遠藤     MF17長谷部(cap)

DF5長友                   DF6内田
      DF15今野    DF22吉田

            GK1川島

交代…後半6分 MF8清武→FW18前田
    後半33分 MF7遠藤→MF細貝
    後半43分 MF4本田→MF19乾
 

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/16(日) 08:46:53|
  2. スポーツ&ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨雲 | ホーム | 『君.に.届.け』 episode 80 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1521-e007f6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。