海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『君.に.届.け』 episode 81 感想

 コラボ作品が続きますね。 今月は『オオカミ少女と黒王子』×『虹色デイズ』。 来月は『ReReハロ』×『ハニー』。
 でも、あの、そろそろ別の企画をやった方がいいんじゃないかと…。

 読者が雑誌を買うのは、早く続きが読みたいからです。
 なのに 本編を休載してまで、やらなければいけないのでしょうか?
 1回の休載で、実質2か月、ファンは待たされるのです。
 いつも楽しみにしている漫画が休載した時の、このしょんぼり感…さみしいです(;_;)

 今月は『オオカミ少女~』が休みで、代わりに読み切りとコラボ作の2本。 面白かったけど、素直に喜べません。
 合作が、漫画家さんにとっていい経験になるとか、気分転換になるのなら良いのですが、今描いてる連載だけに集中してほしいというのが、私の本心です。
 プロなら複数の仕事をこなすのが当然なのでしょうけど、大変そう。
 
 
【あらすじ】

 3学期から本格的に進路についての面談が進み、担任のピンと親を交えて、生徒らは戦々恐々。
 爽子はあやねと千鶴に、教師になる夢を打ち明けます。
 千鶴は龍の実家・撤龍軒で働きたいと考え、あやねはとりあえず大学進学を目指す模様。
 皆は悩みながら、将来を模索しています。
 バレンタインも近づき、何をプレゼントするか、嬉しい悩みとの板挟みで大忙しです。


【感想】

 あやねの「高校なんて あんな ろくでもない男子が うようよ いんのよ!!」に爆笑。 さらに勘違いで感涙する爽子にもww
 漫画とは思えないリアルな一言でした。
 作者はいいセンスしてます。 一歩間違えれば、風早や龍みたいないい子は 妄想でしかありえないんですか?って突っ込まれそうなのに、その手前、ギリギリでの線引きがうまいです。

 漫画や小説、ドラマや映画は、もちろん 作り話です。
 事実ではない空想に、深い真実をそっと混ぜてあるのがミソなんですよね。

 ところで作者はバレンタイン好きですね。 ネタにするの正味3回目?
 爽子のケーキ作りに、今回はあやねと千鶴も参加します。
 それぞれ風早、ケント、龍のために焼くチョコケーキ、3人でケーキ作り、楽しそう♪
 千鶴もやっと、自分が好かれてるってことを素直に受け入れ始めたようで、結構この上ない。
「あたしのどこがそんなに魅力的だと思う?」
と、まわりに変な質問しまくるのには笑いましたが、プレゼントはいいきっかけになりそうです。
 千鶴と龍が少しでも進展するといいなぁ。 龍すごく頑張ってるもんね。
 それに、千鶴が専門学校へ行って資格を取って、撤龍軒を盛り立てるってのは、大いに有りです。
 うん、未来が開けてきた!

 爽子は風早と毎日一緒に下校してるようです。 前回に続き、風早が下駄箱の前で爽子を待ってました。 堂々と手もつないじゃうなんて、仲がおよろしくて結構ね♡ 
 しかもちゃんと、彼氏が利き腕とは逆の手で、彼女と手をつなぐの。 いざという時、女の子を守れるように。
 こういう願望は、フェミニズムの枠を超えてます。 女尊男卑です。 男は女を守るのが当然って決めつけてるんだから、ジェンダーフリーの時代に逆行してます。
 でも少女漫画だもの。 女の子が男の子にチヤホヤされたっていいじゃないの。
 で、風早は父親とのバトルがまだ続いてるんでしょうね。 あの頑固親父は、自分が息子の野球への意欲を削いだこと、少しも反省しないで、困ったものです。 その分、息子が少し浮かれても許してやって。

 ケントと付き合い始めたあやねは、精神状態いたって良好。
 なんかね、高校入学時の、クールを装い、孤高を貫いてるようで、実は無理してるような痛々しさが、今はないです。 私が勝手にそう思ってただけですが(^^ゞ あれは男が悪かったんだな。
 今はケントがあやねの背中を押し、ピンがあやねの腕を引っ張ってる感じ。 爽子の教師宣言も、彼女のやる気スイッチをひと押ししたみたい。 
 あやねの考えはまだ変わってないかもだけど、心の中では大変革が起こってます。 青春時代の真ん中は、いっぱい道に迷っていいんですから。


 話は変わりますが、高校2年生で進路を決めなきゃいけないなんて、早くないですか?
 …なんてこと言うと、世の親御さんから『何をのんきなことを!!』とお叱りを受けそうですが、そんなに急いでどうするのでしょう?
 私の好きな臨床心理学者の河合隼雄さんは、大学を1年間休学したんですって。
 自分が何をやりたいのか、何になりたいのか、何をしていいのかわからない。…それでともかく休学してみては?…となったそうです。 身につまされますな。
 でもそれくらいじっくり考えてもいいんじゃないかと…もちろん、家族の理解と協力がないとできませんが。
 河合さんはその後、やりたいことを見つけて、なんと高校教師になりました。 心理学のために留学するのは、さらにその後。 立身出世より、ちゃんと生きることを選んだんです。
 くわしくは、『未来への記憶 -自伝の試み-』上下巻 (河合隼雄 著 岩波新書)をどうぞ! ←宣伝(^^♪
 いろんな生き方があるってこと、若い子たちが心の片隅に憶えておいてくれるといいなあ。
 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/07/14(日) 17:59:06|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<若狭の海 | ホーム | おはなし おはなし>>

コメント

さらさんへ

こんにちは!コメント下さってどうもありがとうございます!
コラボ作品もいいけど、私も早く本編が読みたいです!(*´Д`)
愚痴まじりの記事を読んでくれて、ありがとうございました!!
  1. 2013/07/27(土) 10:09:21 |
  2. URL |
  3. 藍田海 #-
  4. [ 編集 ]

わかります。
私もはやく連載作品の続きを読みたいのにいつまでコラボするの?って感じです…はやく続きが読みたいな・・・
  1. 2013/07/25(木) 16:07:49 |
  2. URL |
  3. さら #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1527-7cc191ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。