海の底から

備忘録

進撃 ブラコン メモ

 聖書に登場する ゴリアテ は、身の丈2メートルあまりの巨人だったそうです。
(『聖書物語』 山室静 著 教養文庫 より)

 昔の人は栄養不足で小さかったようなので、2メートルでも大きかったんでしょう。
 『進撃の巨人』では、3メートル以上が巨人とされていますが、このあたりから設定したんでしょうかね。
 
 
 他にも、ギリシャ神話には ティターン <巨神> とよばれる、途方もなく大きい神がいるし、ギガンテス (英語でジャイアント)とよばれる巨人と 神々が戦った話もあります。

 また 北欧神話では、ユミール という巨人が、世界最初の生き物として登場します。
 それに、アスガルドの城壁作り というお話が 興味深いんです。
 神々が、巨人から街を守るための壁を、巨人に作らせるお話。 『進撃~』みたい。

 そして、神々は巨人と戦って、最後には滅びるんです。
 ラグナレク <神々のたそがれ> といって、巫女の予言で そう決められているそうです。
(『ギリシャ神話 付 北欧神話』 山室静 著 教養文庫 より)

 アニメから入って漫画も楽しく読んでますが、先が見えない展開に、ハラハラしっぱなし。
 特にアニメは、映画並みのクオリティで、大抵2回は見直します。 絵も台詞も注意深く。 ヒント探しも兼ねて。

 この作品は、カメラがエレン達に付きっきりなんですよね。
 つまり、エレンが体験したことを、視聴者も同時体験するわけです。
 そうすると、キャラに感情移入しやすいけど、話が分かりづらい。
 『エヴァンゲリオン』などでは、シンジの知らないところで、ゲンドウやゼーレが何か企んでることも描いてましたけど。

 なので、エンディングの壁画がそれとなくヒントになってて、ちょっとうれしいです。
 過去に何があったかが書かれているようです。 四角い模様は、ミカサが縫ってたハンカチの刺繍と似ています。 対立する2つの集団…巨人と羽の生えた小人…うーん、分からんw
 無心でパンをほおばるサシャと、ちょっとだけエレンから離れて立つジャンに、毎回笑ってしまいます。
 殻から実が飛び出しそうな速さで転がるクルミは、壁の外へ出ようともがくエレンみたい。


 アニメ『BROTHERS CONFLICT』を見て、最初に連想したのは、アンデルセンの『野のハクチョウ』です。
 デンマークの民話をもとに書かれたもので、グリム童話にもよく似た『十二人兄弟』というお話がああります。

 これらに共通するのは、妹が兄を救うお話ってこと。
 乙女には霊的な力が備わっていると、古くから考えられていたようで、日本では巫女などがそれにあたります。

 『野のハクチョウ』の妹姫・エリサには、呪いをかけられた王子を救う力があります。
 が、あまりに美しいため、継母から憎まれ、城を追い出されます。 力ある者は妬まれる、怖ー。

 エリサは、イラクサでかたびらを編んで、ハクチョウにされた兄たちの呪いを解くんですが、末の王子の分は、腕のところが足りなくて、ハクチョウのまま、話は終わります。
 それが幼心に気になって。
 だって、ひとりだけ片腕が翼のままなんて、かわいそうじゃないですか。

 でもその末の王子は、エリサと1番仲が良いんです。
 呪いって、もしかしたら、妹に恋してしまったことだったのかも。
 …なんて考えると、素朴な童話が 途端に意味深になって、いけないドキドキを感じます////
 呪いが解けなければ、エリサはずっと末の王子を大事にしてくれるでしょうから、彼はそれなりに幸せだったかもしれませんね。

 ブラコン はきょうだいの禁断の恋をテーマにしたアニメですが、大昔は禁断ではなかったようです。

 ギリシャ神話の神ゼウスと妻ヘラはきょうだい、古事記のイザナギとイザナミもきょうだいです。
 それに、古代エジプトの王と王妃は、きょうだいでなければならなかったそうです。
 古い時代、きょうだい婚は 聖なる結婚 を意味していたんですね。

 …おっと、きょうだい婚について語ると長くなるのでこの辺で。
 ちぃちゃんもエリサのように美しくて、兄弟思いで、罪のない娘なので、最後はハッピーエンドになるといいですね。
 (ただし 呪いの解けない兄弟がいるかもw)


 ―――― 追 記 (9/11)――――

 朝比奈ブラザーズ、悩み多すぎ。 仕事に進路に過去のあれこれ…恋してる場合じゃなかろう。
 いや、だからこそ ちぃちゃんの愛を欲しているのかな?
 なんとなくですが、愛と同じくらい強く、癒しと救いを求めてるような気がします。

 ちぃちゃんのせいで兄弟ゲンカも起こりますが、ちぃちゃんを仲介役として、関係が改善されてゆきます。
 11話では 妹の力 が発動して、棗と昴の関係が好転するきっかけになってました。

 アニメのラストは、マルチエンディングの可能性を残しつつ、家族愛でしめくくりそうな気配。
 血がつながってなくても家族なんだってことを、9話で強調してたし。 
 (漫画もゲームも知らない奴の勝手予測です)
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/09/09(月) 19:29:38|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本対ガーナ | ホーム | 夢日記8/23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1562-ffd885bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索