海の底から

備忘録

日本対ベルギー

【国際親善試合:ベルギーvs日本 キックオフ:2013/11/20(水)05:00/試合会場:キングボードワンスタジアム ブリュッセル(ベルギー)】

 ベルギー 2 - 3 日 本 

ミララス(前半15分)
               柿谷曜一朗(前半37分)
               本田圭佑(後半8分)
               岡崎慎司(後半18分)
アルデルワイレルト(後半34分)

(天候…曇り 温度…7度 湿度…68%)
 
  
 朝起きたら、2-1のスコアが目に飛び込み驚きました。 長いアディショナルタイムの末に鳴り響くホイッスル。 やった! 金星! ジャイアントキリング!
 で、今ビデオを見終わって怒り心頭です。 なんですかあの失点は!! また自らを窮地に追い込むポカミスから無駄な点を相手に献上してしまいました。

 1点目はGK川島の信じられないような判断・連携ミス。 選手生命の致命傷となりかねない失敗でした。 勝てたから良かったものの、冷や汗ものでした。
 もうひとつは、課題だったリスタートからの失点。 身長で勝る相手をフリーにしてCKを押し込まれるという、やっちゃいけないミスでした。 何べん痛い目見れば気が済むのですかもう!

 と、分析できるのも勝てたからこそ。 負けてたらここまで冷静になれなかったと思います。
 試合後の選手も浮かれた様子はなくて、精神的にたくましくなりました。
 FW陣が結果を残せたのも大きいです。 柿谷は、大迫というライバルが先に得点したことで、やっとエンジンがかかったみたい。 オランダ戦と合わせて、2人仲よく1ゴール1アシスト。 

 それにしても、2002年W杯の日本戦でオーバーへッドキックを決めたウィルモッツが、ベルギーの監督になってたとは。 しかもここまで強豪国にして。
 確かな戦術眼を持った選手は、名将の器でもあるってことか。 名古屋のストイコビッチ監督も、就任していきなり結果だしたし。 …今季限りだけど。

 堂々の第一シードになったベルギーとは、W杯での再戦もあり得るだけに、いい試合が出来てよかったです。
 こういうハイレベルな戦いを、あと5試合、いや3試合はやりたいですね。


・日本代表のスタメン↓ フォーメーションは4-2-3-1。

           FW11柿谷

FW10香川      MF4本田     MF8清武

     MF17長谷部(cap)  MF16山口

DF3酒井高                DF21酒井宏
       DF22吉田    DF6森重

            GK1川島

交代…後半00分 MF16山口→MF7遠藤
   後半00分 FW8清武→FW9岡崎
   後半18分 FW11柿谷→FW18大迫
   後半37分 FW10香川→MF13細貝
   後半41分 DF3酒井(高)→FWDF15今野



・オランダ戦(11/16(土)21:15ヘンク)の日本代表のスタメン↓ フォーメーションは4-2-3-1。

           FW18大迫

FW8清武      MF4本田     MF9岡崎

     MF16山口     17長谷部(cap)

DF5長友                DF2内田
       DF15今野   DF22吉田

            GK12西川

交代…後半00分 FW8清武→FW10香川
   後半00分 MF17長谷部→MF7遠藤
   後半28分 FW18大迫→FW11柿谷
   後半34分 DF内田→DF21酒井(宏)


 全ポジションで2人の選手を試せたのは収穫。 スタメンと同レベルのサブメンバーがいないと、W杯の長丁場は戦えませんから。
 ただし、本田は別。
 ザッケローニ監督は2試合フル出場させ、本田は期待に応えて2ゴール決めました。 誰もが認める日本の大黒柱です。
 …まわりの攻撃陣、奮起せんかい!



※ 気分転換にテンプレートを変更しました。
 

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/20(水) 23:11:37|
  2. スポーツ&ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かぐや姫の物語 | ホーム | スノードーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1598-6a6dc1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索