海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏目友人帳

 一月二日、新年になって最初の買い物をすることを、初買いというそうですが、私の初買いは『夏目友人帳』17巻です。
 アニメ化されていたので、作品名は知ってましたが、最初の印象がすこぶる悪かったんですよね。
 確か3期でしたっけ。
 たまたま見たオープニングで、男の子が、口から黒い血 吐くんだもん。 ドン引きしてしまってねえ。
 あれ、友人帳に書かれた妖の名が、墨と一緒に解放されていたんですね。
 設定を知らなかったとはいえ、気味が悪くて敬遠していました。 不覚。

 初めて見た夏目貴志くんは、まあそんな感じで、変な子だな、と思いました。
 それだけに、強烈なインパクトで、ずっと忘れなかったのも事実。
 で、漫画喫茶で手に取ってみたら、話は笑えて泣けるし、ニャンコ先生は可愛くて頼りになるし、面白い!
 もちろん今は、主人公の夏目が1番キャラが立ってて、魅力的だと思ってます。
 15歳の少年には、抗えない色気がありますな。 うひひ。

 夏目友人帳|白泉社
 
 
【あらすじ】

 妖(あやかし)を見る力を持つ少年・夏目貴志は、偶然知り合った妖怪・ニャンコ先生とともに、さまざまな人や妖と心を通わせてゆく。

〈いつか くる日〉
 カラスの妖・葵は、幼なじみの少女・香を探してくれるよう、夏目に助力を頼むが…。

〈遊戯の宴〉
 用心棒のニャンコ先生が留守の間に、妖の館に紛れ込んでしまった夏目は、館の主のゲームに巻き込まれる。

〈歪み無き世界〉
 夏目の友人で、強い妖力を持つ名取周一が、祓い屋としての第1歩を踏み出すまでのお話。
 敵対する同業者・的場静司との出会いも絡めて描く。



【感想】

 高校2年生の名取、夏目以上にすさんでてビックリ! 夏目と同じく 苦労人だね、この人も。 現在のふてぶてしさは、こうやって身につけたのか。
 それでもまっすぐに、正しいことを追い求める若者らしさに、好感度アップです。
 何が正しいかなんて言い出したら、すべての人が対立するはめになるでしょう。
 正しいことって一つじゃないもの。
 己を守るために妖を倒す的場のやり方も、ある意味では正しいんですよね。
 そのうち的場の事情も描かれるでしょうか。
 この漫画は、知られざる過去を抱えたキャラがたくさんいるから、あれもこれも気になります。

 1番気になるのは、当然、夏目レイコ!
 夏目の祖母にあたる女性で、ニャンコ先生と浅からぬ因縁がありそう。 今回は出番ナシでちょっと寂しい。
 レイコと先生の過去が描かれる時は、連載終了間際になりそうなので、まだまだ先かな。
 早く知りたいけど、知るのが惜しい気もします。
 夏目の成長と、友人帳の行末も気になるし、広げた風呂敷が畳まれる日はいつになるのでしょう、やきもきする~。 

 ところで ニャンコ先生って名前、紛らわしくないですか。 私はこの名を聞くと、キャット空中3回転を思い出すんですけど。 なんでこんな名前にしたんだ、作者はw
 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/01/04(土) 20:15:53|
  2. 本&漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1615-6944e359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。