海の底から

備忘録

ことば遊びの楽しみ

『ことば遊びの楽しみ』 阿刀田 高 岩波新書


 日本語についての多角的考察を、学者ではなく小説家がおやりになった、珍しい1冊。
 例文がいちいち分かりやすくて面白い、ことば好きならなるほどと納得しうる、サービス満点な内容です。
 しゃれ、駄じゃれ、漢字になぞなぞ、回文に替え歌など、阿刀田さんが子供時分から触れてきたさまざまな遊びことばがずらり。

 あ、擬態語、擬音語(オノマトペ)についての説明はありませんでした。 残念。
 ま、このあたりは小説家らしい。 いい小説家は擬音の表現には頼りません。 卓抜な比喩を使いこなせてこそのプロですから。
 でも 中原中也の ゆあーんゆよーん ゆやゆよん や、宮沢賢治の どっどどどどうどどどうどどどう などはいいですよね。 びしっと決まれば、これ以上ない表現方法になります。

 そうそう、パソコンが普及したら、漢字の成り立ちや意味がもたらす味わいが廃れると危惧しておられました。
 確かに、書かずに打つだけだと、手から伝わる感覚が薄れますから。
 でもネット上では、独自のことばが発達しつつあって、意外と後世に残る傑作があるかもしれません。 ま、単なるウケ狙いで、すぐ消え去るものが圧倒的多数ですが。
 もうすぐW杯ということで、本田圭佑選手(日本代表)のインタビューから流行り言葉が生まれたり、彼をさす呼び名まであるそうですね。
・ 本田Δ  (本田さんかっけい→本田さん格好いい)
・ 本田(÷) (本田さんカッコわる→本田さん格好悪い)
 という意味を、昨日 新聞で知りました。
 6月には、ネットが三角形だらけになることを期待しつつ、紹介しましたΔΔΔΔΔ

 そうそう、私が小学生の時、ゴム跳び遊びをする際に歌っていた替え歌があるんです。確かこんな歌↓

 騎士輝く日本の
 相手はアメリカヨーロッパ
 パ パ パラリの新学期
 にんにん肉屋の大泥棒
 ああ信州の鐘が鳴りなるキンコンカン

 3行目以降は、ヘンテコな語呂合わせで意味はなさそうです。 漢字は間違ってるかも。 「信州」ではなく「真鍮」かもしれないし。
 欧米と戦うから、多分太平洋戦争時代の軍歌の替え歌だろうと思ってました。
 けど最初の「騎士」は、この本に載っていた替え歌にある「金鵄(きんし)」だろうと判って、ちょっとすっきりしました。
 しかしなぜこんな歌を覚えていたのか、誰に習ったのかは思い出せません。 うーん、謎だ。
 お風呂でよく歌った数え歌もご紹介。 数字の1から10までを駄じゃれで数えています。

 いち に さんまの しっぽ ごりらの ろっこつ なっぱ はっぱ くさった とうふ

 ゴリラの肋骨なんて見たこともありませんが、そこがナンセンスで面白かったんだろうね、分からないなりに歌ってました。
 お湯の熱さに耐えながら、なるべく早口で言おうとする私と、ゆっくりあったまれと言わんばかりに音を伸ばして長びかせる母のせめぎ合いが、毎夜繰り広げられていました。 懐かしいなぁ。
 岐阜県南部で育った私のことば遊び、他にもご存じの方、いらっしゃるでしょうか。
 

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/05/25(日) 22:20:04|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い出のマーニー 感想 | ホーム | 『君.に.届.け』 episode 90 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1634-79ea89c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索