海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『君.に.届.け』 episode 91 感想

【あらすじ】

 教師になる夢を目指して、くるみと受験勉強に励む爽子。
 塾にも通っているため、風早とふたりでいられる時間が限られてしまいます。
 風早は、夜遅く電話をくれたり、朝早く登校して、教室で会おうと提案してくれます。
 
 
 千鶴は、野球で結果を出そうと頑張る龍を、素直に応援できない自分にもどかしさを感じていました。
「龍とだけは 離れたくない」
「すきなのに すきだから 応援できない」
 千鶴の悩みに、胸の奥で何かが思い当たる爽子。
 次の日、爽子より早く来ていた風早が、教室の机に突っ伏して居眠りをしていました。
 (無理 してくれてる)
 風早の寝顔に、爽子は不安を覚えるのでした。
 


【感想】

 好きな人ができて、その人のために何かしたいと思っても、いざとなったら何もできない自分に気づいて愕然とすることがあります。
 ゆえに悩み、そこから自分と相手との関係について考え直したり、相手との違いについて知ったりもします。
 その上で初めて、本当の意味で、相手を大事にできる、ようになるんじゃないかなぁ。
 なんてことを考えながら、読みました。

 爽子と風早は、ただ相手を好きなだけじゃなくて、お互いとても尊敬しています。
 だから、自然に いたわりややさしさが生まれ、お互い大事にしたいと思ってる。

 それはご立派なのですが、そんな高い精神性を、高校生が維持し続けるのは不可能です、はい。
 ある日限界が訪れ、間違えちゃったり失敗しちゃったらどうすんだろ。
 本当に無理してる人間は、無理って言えなくなるんだよ。 お前のことだ、風早。

 爽子は、というか女子は、仲間同士でコミュニケーションを取り合って、愚痴や弱音吐けるから、楽ですよね。
 爽子といる時のくるみは、以前ほどプライド高くガチガチに構えたところがなくなって、ゆるんでます。 ツンデレだしw
 男子はどうだろ、「友だちにさえ 強がって見せた」(『卒業』♪尾崎豊)りするとこあるから、しんどいでしょう。

 あ、龍は泰然としていますね。 甲子園目指して一直線、脇目もふらず、己を鍛え上げています。
 母親の死という大きな試練を経て、他の子より少し早く大人になりつつあるからでしょう。
 あの時は、千鶴がいたから、からくも立ち直れたのでした。
 千鶴は矛盾と苦悩の堂々巡り中で、そんなこと忘れてるみたいです。

 素直に応援できないなら、その気持ちを素直に言えば、龍はきっと喜ぶでしょうに。
 だって、龍が頑張ってるのは、千鶴のためだもん。(だよね?)
 ま、言える時がいつか来るまで、待つしかないか。 気長にね。

 風早も、爽子のために頑張ってます。
 このあたり、物語の序盤とは立場逆転してて面白いですね。
 最初は、風早が頑張る爽子を応援してましたが、この先は爽子が支えることになるのかも。
 そうして、お互いに励ましたり励まされたりしていくんでしょう。
 これからもずっと。

 今号は絡みがなかったけど、ケントとあやねについて。
 あやねは、今のままではどちらの大学を選んでも、後悔しそうで心配です。
 なぜなら、何のために大学へ行くのかはっきりしていないからです。
 東京の大学へ行ってまでしたい 何か があるのに、でも無理だからいいや…と本人があきらめた振りしてるうちは、ケントに相談しても答えは出ないでしょう。
 ただ、ケントなりに彼女のことを深く考えているようです。 いじらしい。
 なので、あやねが決断を促すアシストをしてくれるものと期待してます。 頑張れ、ケント!



 今号は、前号の絵のコピーが、二カ所しか貼ってなくてびっくり。
 アシスタントに描かせたと思われる、背景のみのページもなくてびっくり。
 前よりしっかり描き込んであって、読み応えがありました。
 このまま最後まで描き切ってくれることを願います。
 漫画家が激務なのは承知で、手抜きしないでと頼むのは酷ですが、力を尽くしてほしいのです。
 これは椎名軽穂にしか描けないのですから。
 

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/14(土) 21:15:16|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本対コートジボワール | ホーム | まもなく開幕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1638-be22351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。