海の底から

備忘録

『君.に.届.け』 22巻 感想

 巻末の作者コメントに、
『取材で高校野球の試合を観に行きました』
『スポーツでもなんでも、頑張ってる人たちって 本当に素敵ですねぇ…!』
と書いてありました。

 と、いうことは!
 龍の大活躍が近い!
 と、考えてもよいのでしょうか?

 22巻を読んだら、さらに期待が高まりました。
 もうすぐ本誌では夏。
 龍ならきっとやってくれると信じてます!

 番外編のスペシャルコラボも面白かったです。
 ピンさん出番があってよかったねw
 
 

【あらすじ】

〈episode 88. 行くなよ〉
 夏の甲子園出場をかけて、練習に励む龍を、遠くから見つめる千鶴。
 龍が野球をやるために大学進学を目指すと知ってから、千鶴の中に生まれた不安が、とうとう口をついて出る。
「行くなよ」
「応援なんか…できない……」
 龍は千鶴が自分を好いていると知り、泣きじゃくる彼女に口づけるのだった。

〈episode 89.認めたいの〉
 親友の千鶴が龍といい感じになり、安堵する爽子とあやね。
 一方、同じ塾に通うくるみは、なかなか成績が上がらず焦っていた。
 よく眠り、効率よく頑張ろうと励ます爽子。
「ムリめだから 超えたいの  認めたいの 自分を」
 そう断言したくるみは、爽子と固く握手を交わし、同じ目標に向かって突き進もうと決意する。
 そんな二人を、あやねはひそかにうらやましく思うのだった。

〈episode 90. まちがえた〉
 地元と東京の大学、推薦か受験かで迷っていたあやねは、正直な気持ちをケントに聞いてもらおうとする。
 が、ケントは彼女と同じ街で大学生活ができると思い込んでいた。
 虚を突かれて何も言えないケントの表情に、(まちがえた)とあやねは悔やむ。
 ケントも、余計な心配をかけまいとする彼女の気持ちを、一生懸命考える。
 が、離れたくない本心は動かしようがなく、想いは揺れるのだった。

〈episode 91. 待ち合わせ〉
 爽子と風早は、受験勉強で忙しい。 そこで、早朝学校で会うことに。
 誰もいない教室で待ち合わせて、久しぶりにゆっくり話し、気持ちを伝え合う二人。
 ある日、爽子より早く来ていた風早が、居眠りをしていた。
 爽子は、無理をしてでも時間を作ってくれている風早に胸が締めつけられるのだった。

〈番外編. まゆげの角度は45℃で〉
 漫画家・河原和音とのコラボ作品。 ピンが『青空エール』の女性教師・杉村容子と真木奈々子をナンパするお話。


【感想】

 だんだん皆がバラバラになっていく様子が、妙にリアルで、高校をはるか昔に卒業した身には辛い展開です。
 まだ夏だし…とか思ってたらすぐですよ、すぐ!

 そういやこの間、高校生の就職試験が解禁されましたね。
 9月16日。
 私の時は17日だった…まだ覚えてるよ、入社試験を受けに、気絶寸前の過緊張で出向いた日のこと。
 しかしあの頃は、超売り手市場で、面接もすんなりパスしたっけ。 バブル景気というやつですな。

 まあ、時代が違うから比較しようがないですが、今はかなり厳しくなった気がします。
 大学進学率も上がったし、就職難はいまだ続いてるし。

 それでも、高校生なんですから目先のことをこなすので精いっぱい。
 大人びているように見えても、自分のことしか考えられないに決まってるんです。

 ところで、学校祭またやってくれるのでしょうか?
 爽子と風早が、ちらっと話してたのが気になって。
 たまには羽目を外して、うーんと楽しんでほしいし、読者としても、テンション上がるエピソードが読みたいところです。

 せっかく千鶴と龍が両想いになれたのに、苦しいんだもん。
 も少し甘く、切なくてもいいんじゃない?
 あ、龍が野球部引退したら、時間できますね、きっと。
 それまでに、千鶴が自分の気持ちにケリをつけられるといいですね。

 あやねとケントは…どうだろう。
 きれいで賢いあやねが、実は劣等感の強い子だってことを、ケントはあまりに知らなすぎる。
 ちょっと間違えただけで、すごく落ち込む子だってこと。
 そんなこと、全然気にしなくてもいいのに。

 最近の風潮として、社会全体が、失敗や間違いを嫌い、隠す傾向にありますね。
 朝日新聞の誤報など、記憶に新しいですし。

 間違いを認めるのは、誰だって恥ずかしいし、嫌です。
 でも、それを認めても、己の存在をおとしめることにはなりません。
 それに気付くことができたら、あやねのコンプレックス解消につながるのですが。

 爽子と風早は、ドカーンとでかい大波が押し寄せてきそうで、怖いです。
 だって、別離フラグがそこここに。

 千鶴とのおしゃべりで、爽子は
「離れたくないと…思っているよ」
と言ってましたが、それはつまり、離れることになるかも…って本当は思ってるってことでしょ?(>_<)

 別々の大学へ行くことになったら、どうなるんだろう。
 表面上ラブラブなのが、なおさら怖いです。
 ドキドキとハラハラが半々の22巻でした。
 

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/21(日) 22:49:53|
  2. 君.に.届.け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『君.に.届.け』 episode 93 感想 | ホーム | ときめきトゥナイト 真壁俊の事情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1652-6693b1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索