海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベイマックス

 『ベイマックス』を観てきました。 (●―●)
 昨日は祝日+映画1100円の日だったため、映画館は人でごった返していました。 いや~朝早く行ってよかった。

【あらすじ】

 14歳のヒロは、利発でロボット作りが得意な少年。
 兄・タダシを事故で失い、失意と無気力に陥っていたある日、ベイマックスが起動する。
 タダシの作ったケアロボット・ベイマックスの存在が、ヒロの心を癒す。
 ヒロは、兄の死の真相を探るべく、ベイマックスと共に 謎の仮面男を追う。


 映画館で観ると、他の観客の反応が見られて楽しーい!
 特にちびっ子たちは、ベイマックスが何かするたびに大爆笑。
 常にマイペースなベイマックスは、ヒロと一緒にいると、コントやってるみたい。

 でも後半は、ほのぼのから一転、シリアス展開となって、ハラハラドキドキ。(以下ネタバレにつき伏字)
 肉親を亡くした喪失感から、復讐へと変化してゆくヒロの心情の変化は、鬼気迫るものがありました。 ヒロのプログラムで暴走させられるベイマックスが怖かった。
 でもそこで活躍するのが兄の仲間たちですよ。 グッときました。
 そして明かされるタダシの思い、いい兄ちゃんだなぁ。


 他人に尽くすベイマックスやタダシの行動からは、寓話的教訓がいろいろと読み取れますが、それは映画の面白さとは無関係。
 現にちびっ子たちは、ベイマックスがすっかり好きになって、観終った顔はどれも晴れやかでした。
 私もベイマックスが家にいてくれたらいいなーと思いました。

 この映画の漫画版が日本で出版されてるんですってね。 チケット売り場に並んでたら、それっぽいのを読んでる男の子がいました。 私も読みたい。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/01/13(火) 20:33:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『君.に.届.け』 episode 96 感想 | ホーム | 正しいパンツのたたみ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1667-9a986c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。