海の底から

備忘録

旅行券

 会社の創立〇周年記念だかで、旅行券をもらいました。
 ワンマン社長の太っ腹か、それとも単なる見栄か。
 できれば給料上乗せか、現金でほしかったところですが、文句は言うまい。
 だって十万円分ですよ。 じゅうまんえん!( ゚Д゚;)
 何に使いましょう?
 そりゃ旅行ですよね。 旅行券なんですから。
 しかしほとんど行ったことがないので、何をどうすればいいのか分からずうろたえました。

 まず、どうやって使うのか確認。
 JTBの旅行券(ナイストリップ)の期限は無期限か。
 無期限といえば、銀河鉄道999のパスを思い出します。
 カバンに詩集を入れて鉄道旅行なんていいですねぇ。 鈍行列車に揺られてさ。

 どこへ行きましょう?
 ふと目に付いた本、『千年の生命との出会い 巨樹を見に行く』(著者 梅原猛 C・W・ニコル 宮崎駿 西岡常一 岩波洋造 吉田繁 講談社)を本棚から引っ張り出してパラパラ。

 「樹というのは、一本の中に一緒に生きているもの寄生しているものがいっぱいいる」
 「人間の時間と鳥の時間と虫の時間、あるいはバクテリアの時間。全部ちがう時間だけれど、それぞれの生き物にとっては等質の時間で、同時に一本の樹の巨大な空間にある」

 てなことを宮崎駿さんが書いています。 こんな樹の世界を映画にしたい、なんてことも。
 ジブリ美術館で観た短編映画『水グモもんもん』みたいな感じでしょうか。
 樹じゃなくて小さい池の中にいる、小さいクモのお話。
 生き物が懸命に生きる姿を描いた一大スペクタクルであり、センチメンタルな出会いと別れの物語でした。
 また行きたいなぁ、美術館。

 哲学者の梅原猛さんは、縄文杉を見た時、
 「何千年も生きた巨樹はやはり神さびていました」
と感動を綴っています。
 そうでした。 『もののけ姫』を観て、縄文杉を見てみたいなぁと思っていたのでした。
 どうやって行くのかぽちっと検索…ぎゃっ、11kmのトレッキングとな。 
 険しい山道を5時間…往復10時間…合計22km。
 …………無理。

 こうして夢の一人旅は悶々と妄想されるのみで、実行されることはないのでした。
 ってなオチにならないよう、じっくり考えます。
 
  1. 2015/06/15(月) 21:49:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<転院 | ホーム | 生活不活発病>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1692-33aef0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索