海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 朝起きて、ご飯食べて、仕事して、家事して、ゴロゴロして、寝る。
 ほとんど変化のない単調な生活をしている。
 ゆえに書くことがない。
 特にしたいこともないし。
 と思っていたら、1年前の日記にこんな文章が。
 (本当にやりたいことはあなたのそばに放置してある白紙のノートに書いてある)
 日記代わりの大学ノートがいっぱいになったので、新調した際、古い方を読み直して気づいた怪文。
 過去の自分からのメッセージということにしておこう。
 
 
 海よ 僕を生んだいのちのみなもとよ
 どうか教えてほしい

 僕はなぜ生まれてきたのか
 僕はどこへ行けばいいのか

 荒波は 僕の身体を拒み 押し返す
 かつての住処には もう居場所がないのだ

 僕は 川のほとりに立ち 考える
 僕の中の子どもは成長したがっている

 できること と できないこと
 やりたいこと と やるべきこと
 しなかったこと と すべきだったこと

 時間は 待ってくれない
 濁流は 全てを押し流してゆく

 僕は 考えるのを やめた
 川風が背中を押している

 歩いて行こう 探しに行こう
 誰も知らない泉を見つける旅に
 
  1. 2015/08/11(火) 22:57:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 開封の儀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1698-48c10ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。