海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもと自然

 将来的に子どもを希望しない独身男女が増えているそうだ。
(2015年8月24日中日新聞朝刊 厚労省「二十一世紀成年者縦断調査」による)
 だいぶ前にも結婚に関するアンケートで、独身でいる理由に「何となく」というのがあった。
 こういう調査結果がでてくるたびに、若者の非正規雇用が問題だとかいわれて、何とかして出生率を上げようといった流れになる。
 けど、どうなんだろう。
 こういうニュースを聞くと、私はある事実を思い出す。
 「類人猿の分娩は一般に2時間以内で終わるが、人間では初産時には14時間、経産婦でも平均8時間を要する」こと。
(『子どもと自然』(河合雅雄 著 岩波新書より)
 人間は天敵のいない種族なのだ。しかもいつでも交尾可能。
 だから人口が増え過ぎないよう、難産という大きな荷物を背負ってるんだって。
 女性にしてみればひどい話だけど、事実だ。
 世界人口が100億突破するのも時間の問題ってご時世に、何となく結婚しない、子どもを望まないと思うのは、むしろ自然なのではないか。
 人口を抑制しないと食糧問題や環境破壊で地球が大変になるぞって、生き物の本能がささやくのではないか。
 市場経済が縮小するから、労働力が不足するから産めよ増やせよといったところで、自然の摂理には逆らえまい。
 しばらくは高齢者の方が多い異常事態が続くけど、それでも人の数が減った方がいいと思う。

 『子どもと自然』の著者・河合雅雄さんは、私の好きな臨床心理学者・河合隼雄さんのお兄さん。
 図書館でうっかり隼雄さんの本だと思い込んで、せっかく借りたんだからと読んでみたら面白くって、だいぶ後に血縁者だと気付いたというw
 雅雄さんは霊長類学者で、この本では、サルの研究を通じて、人間の子どもを取りまく問題についての提言が書かれています。
 人間の行動原理も、サルまで遡るとよく理解できる。
 たとえば人が緑を求め、緑の中で安心するのは、遠い祖先が森の中で樹上生活をしていたから といわれれば、なるほど納得。
 他にも、これからの教育や家族の在り方を、オランウータンやチンパンジーを例えに分かりやすく解説。
 父性と母性というユングの思想も持ち込んで、父親に家庭での子育てを強く提案しておられるのは、弟さんの影響でしょうかね。とても仲の良い兄弟だったそうなので。
 かつては、お隣の犬山市にある日本モンキーセンターの所長もしていらしたとか。
 ちらっとでもお姿を拝見したかったなぁ。
 
  1. 2015/08/29(土) 14:02:15|
  2. 本&漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 日本の面影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1707-3bdcc9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。