海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 要介護4の母が、部屋の中で転びました。
 私が自室で着替えをしている間に、自力で車イスから普通のイスへ移ろうとして、体を支えきれず、床に倒れてしまいました。
 呼び出しベルはテーブルの上にあって、届きませんでした。
 肝を冷やすとはこのこと。 マジで焦った。
 ケガがなくて幸いでしたが、介護の難しさを痛感しました。

 それで、ふと思いました。
 助けてほしい時に、助けてって言えるひと、いるのかなって。

 本当に困り果てて、自分じゃどうしようもなくて、泣く気力もわかないほど疲れきって…。
 私はそういう時、寝てました。 寝て、時が解決するのを待ってました。 他力ですね。
 それで何とかなったから、今も何とかやってる訳ですが、助けを求める気はさらさらなかったです。
 昔から他人を信用してなかったんだなぁ。
 人に助けを求める=迷惑をかけることのように思えて気が引けたし。
 でもそれじゃあ、あきらめがよすぎやしませんか。
 いつか必ず死ぬんだから、それまではあがいてもいいんじゃないか、本当に困っていたら、誰かに助けを求めてもいいんじゃないかと思う、3月11日の夜でした。
 
  1. 2016/03/11(金) 23:55:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1742-a7945552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。