海の底から

備忘録

 <夢日記 '16-1-4>

 高校の入学式。
 なのに寝坊した私は大慌てで支度して、時間と母の小言に追われながら家を出た。
 大急ぎで自転車を走らせたものの、行き先を間違えて、別の学校に着いてしまった。
 全寮制の女子高で、寮の部屋に通され、暑かったので、ブレザーを脱いで、荷物と一緒に置いた。
 講堂へ向かう途中で場所が違うことに気づいて、荷物を持って引き返そうとするが、荷は重く、道に迷い、人の大勢いる食堂を後にして、やっと脱出。
 と、ここでブレザーを忘れたことに気づき、また引き返す羽目に。

 遅刻して、時間に追いまくられて、行きたいところに行けない夢。
 私がよく見る 迷子になる夢 の進化形みたいな、もどかしい夢でした。
 一応これが初夢。


 <夢日記 '16-2-11>

 親戚が家に押しかけてきて、何やかやと手伝ってくれるが、かえって足手まといとなり、邪魔になって怒った。


 現状の不満が夢に反映されています。
 2つとも、単純な補償夢なので、現状が改善されれば、こういう夢も見なくなるのではないかと思われます。
 論理的に考えればそうなるけど、ここからどう発展させればいいのか、さっぱり分からんというのが本音。
 分からんまま放っておいて、時々思い出しては頭をひねっています。
 
  1. 2016/03/25(金) 23:49:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1758-791c0dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索