海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 母が転院することになりました。
 先日、入院先の病院スタッフと、転院先の病院スタッフと私で面談をしました。
 これで準備はOK、あとは明日、妹が車で母を連れて行ってくれる手はずです。
 母の介護については、代わりばんこで有給をとって、あれこれ雑用をこなしています。
 きょうだいがいてよかったな( ´ ▽ ` )

 しかし病院というのはいろんな人がいて目が回りますね。
 救急医療センターは、近所のかかりつけ医とは比べ物にならないほど大きくて、人も多いです。
 医師、看護師、介護士、薬剤師、医療事務のお姉さんたち……私の人生とは縁のない人たちと思ってたけど、そうとも言い切れません。
 若いお母さんらしき人が、呼吸器をつけた2歳くらいの子を抱っこしつつ、幼稚園くらいの女の子の手を引いて、せかせか通り過ぎていきました。 大きなリュックを背負って。 あの人が倒れたら、二人の娘はどうなるのかな。
 車椅子を押されてリハビリに向かうおばあさんは、うちの母より年上かな。
 私だっていつ病気になって、世話される側になるか分かりません。
 任務完了後の放心中、待ち時間に、そんなことを考えながら、眺めるでもなくぼーっと見ていました。
 いつもと違うことをしたり、知らない場所へ行ったりすると、ひどく疲れます。 緊張するので。
 慣れないことをすると体がビックリしてしまうんでしょうね。 強い刺激は避けた方がいいな。
 などと思ってたら、貝原益軒先生から良いご忠告を受けました。 (たまたまTVで見た)
 老後は、日々を楽しむのがよいってさ。
 雑事に追われたり、他人を怒ったり恨んだりしないで、いつも楽しんで日々を送れってさ。
 さすがご長寿の達人、目指す境地が高いなぁ。

「老後一日も楽しまずして 空しく過ごすは惜しむべし 老後の一日千金にあたるべし」(『養生訓 巻八』 より)
 
  1. 2016/11/28(月) 21:50:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/1793-322a19cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。