海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

獣の奏者エリン 第22話

 「竪琴の響き」 ------あらすじ------

 エリンは、王都の竪琴屋へ出掛けました。
 自分の竪琴に細工して、少しでも王獣の鳴き声に近い音を、出せるようにするためです。

 その頃、セ・ザン(堅き楯…王族の護衛士)のイアルは、真王の命を狙った犯人を探して、街で聞き込みをしていました。
 それを物影から見据える、怪しげな人物がいました。
 
 
 竪琴屋のヤントクは、配達で留守にする間、エリンに店の道具を貸してくれました。
 そこへ、幼なじみのヤントクを頼って、イアルがやって来ました。
 聞き込みの最中、仮面の男たちに襲われ、傷口が開いてしまったのです。

 エリンたちに手当てをしてもらったイアルは、かつての恩人で、師匠でもある、ハガルの言葉を、思い出していました。

「お前にはこの国の姿が、歪んで見えないのか。
 血を流し、この国を守る大公領の民を、戦に行くことのない真王領の民たちがワジャクと蔑み、大公領の民は、真王領の民をホロンと罵る。
 互いに同じ国の民だというのに……。
 その歪みが、サイ・ガムルを生み出しているのだ。
 ……このままでは、この国は滅びる。」
「命を奪うことで国を変えようとする者を、オレは信じない。それが恩人であるあなたでも。」

 王都では、真王領民と大公領民の諍いが絶えません。
 それでもイアルは、我が身を楯にして真王を守ることを、信念としていました。

 王獣の子・リランは、エリンの奏でる竪琴の音色を聞きながら、肉を食べました。
 イアルの助言で細工した竪琴が、リランの心の扉を開いたのです。
 食事が摂れれば、体力も戻り、じきにケガも治るでしょう。

 偶然とはいえ、同じ矢傷を負った者を、助けることになったエリン。
 嬉し涙を流しながら、エリンは竪琴を鳴らし続けました。

エリン:星井七瀬 ナレーション:平田絵里子 真王:谷 育子 ダミヤ:石田 彰 セィミヤ:高橋美佳子 イアル:鈴村建一 ヌック:藤原啓治 モック:柳原哲也 エサル:加藤沙織 ユーヤン:高倉有加 ハガル:高塚正也 カイル:新垣樽助 ヤントク:木内秀信 カリサ:織田芙実 仮面の男:楠田敏之 ナミ:並木のり子 トムラ:川野剛稔 カシュガン:金田アキ ウラリ:大西 望 商人:下崎紘史 役人A:赤澤涼太 役人B:高坂篤志 カザルム公:川原慶久
脚本:藤咲淳一 絵コンテ:布施木一喜 演出:安藤貴史、布施木一喜 作画監督:杉本道明


------感想------

 街では、横暴な役人による、大公領民への嫌がらせが、激しさを増していました。
 真王を狙ったのが、サイ・ガムルだと噂されているのでしょうか?
 大公を王にと望むのは、大公領民に決まってる!と、誰だって考えますからね。

 街での諍いの時、10話のタルガ少年連れ去りシーンが、リプレイされてました。
 まさか大公領民だったから、酷い目に遭わされたの?
 だとしたら、言いがかりも甚だしいです。許せーん!

 でも、2つの領民が憎み合う原因は、かなり根が深いです。
 セ・ザンのハガルが裏切るほど、国の裏側はねじれているようですから。

 話とは無関係に、カザルム公がちらっと顔見せしてました。
 真王・ハルミヤが三歳の時、サイ・ガムルに館を焼かれ、母親と死に別れたことも、ちらっとでしたが語られました。

 おまけのダミヤも登場。セィミヤを挟んでの三角関係が、構築されつつあります。
 今回はシュナンに先を越されて、ちょっといい気味。

 人々の口から、専門用語が普通に出てくるようになりました。
 ワジャク(大公領民)にホロン(真王領民)、サイ・ガムル(血と穢れ)はカタカナ呼びで、真王(ヨジェ)や大公(アルハン)、霧の民(アーリョ)は漢字読みなのは、なんでだろ?

 原作によると、真王は60歳、セィミヤは16歳、イアルとシュナンは20歳、ダミヤはそろそろ30歳(独身)、で合ってるかな?
 カザルム王獣保護場の最高学年・トムラは18歳で、エリンは14歳か。
 急に登場人物が増えて、話も政治色が濃くなってきたので、ついていくのが大変です。

 公式『エリン』の竪琴も、グレードアップしてる!
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/06(土) 22:27:13|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯出場決定!おめでとう日本代表! | ホーム | 日本対ベルギー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/912-c53596a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。