海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

獣の奏者エリン 第31話

 「光の空」 ------あらすじ------

 ラザル王獣保護場へ研修に行っていたトムラが、こんな噂を持って、カザルムの保護場に帰ってきました。
「カザルムでは、王獣規範に従わずに王獣を育てている」……と。

 同じ頃、エリンとリランの前に、素性の知れない男が現れました。
 牙をむいて、威嚇するリラン。エリンも、警戒心を隠しませんでした。
 リランのことは秘密にしようと、カザルムの皆で誓っていたからです。
 
 
 毒の教導師・キリクは、タムユアンに顔がきく貴族の息子で、ユーヤンもうっとりするほどの美青年。
 学童たちにお菓子を与えて、エリンのことを根掘り葉掘り聞き出そうとします。
 エリンは、リランのことがばれないよう、なるべく関わらないようにしていました。

 冬休み、学童たちが帰省し、エリンとリランは多くの時間を一緒に過ごしました。
 リランは日向ぼっこが大好き。
 ふかふかの体毛があるので、風の強い崖でもへっちゃらで、鳥を追いかけて遊んでいました。

 その時、誤って崖から落ちてしまうリラン。
 幸い、すぐ下の岩棚にいましたが、エリンには助ける術がありません。
 リランが羽を広げて鳴き叫ぶうちに、岩棚が崩れてしまいました。
 エリンはとっさに、リランに向かって飛び降りてしまいます。
 次の瞬間、自分が空の上にいることに気付き、必死でリランにしがみつきました。

 リランは初めて飛びました。
 獣の本能が、危機によって目覚め、誰にも教わらなくても飛べたのでした。

 それをキリクが目撃していました。
 人には馴れないと言われていた王獣が、人を乗せて飛翔している…その奇跡を、釘付けになって見つめていました。

エリン:星井七瀬 ナレーション:平田絵里子 ヌック:藤原啓治 モック:柳原哲也 ダミヤ:石田 彰 セィミヤ:高橋美佳子 キリク:楠田敏之 ナミ:並木のり子 エサル:加藤沙織 トッサ:大久保利洋 トムラ:川野剛稔 カリサ:織田芙美 ユーヤン:高倉有加 カシュガン:金田アキ タマリン:相橋愛子 ウラリ:大西 望 モットン:高橋右光 モットンの妻:橘 U子 ターヤ:堀籠沙耶 男:高坂篤志
脚本:後藤みどり 絵コンテ:玉川真人演出:筑紫大介、布施木一喜 作画監督:森田 史


------感想------

「人と人が通じ合えないのに、人と獣が通じ合える訳がない。」
「妹は、お前達(って誰?)の欲のために死んだんだ。欲深いワジャク(大公領民)など、この世からいなくなればいいんだ。」 
という、ホロン(真王領民)(なのかな?)のキリクに、エリンはどう映ったでしょう?
 闘蛇衆の村で生まれ、王獣規範を守らずに王獣を育てている、霧の民……。
 変わった子だと思ったでしょうか。
 危険だとか、利用出来る、と考えているのでしょうか。
 それとも、純粋に興味を持ったのでしょうか。エリンを妹にダブらせてたようですし。

 以前セ・ザン〈堅き楯〉のイアルを襲った仮面の男が、エリンの前に現れたので、どうなるかとうろたえました。
 闇商人をそそのかして、闘蛇の卵泥棒をさせたかと思えば、用がなくなるとあっさり毒殺する、冷酷な男。
 果たしてサイ・ガムル(血と穢れ…と呼ばれる反真王派)なのか、それとも他に思惑があるのか…?

 オリジナルキャラ・キリクの登場で、つむじ風でも巻き起こるかとハラハラしてたら、次回、嵐の予感!
 ナソン再登場で、「大罪」の秘密が明らかに…!?Σ(゜ロ゜;)!!
 来週は見逃せませんよ!!


------------ 追 記 ------------

 放牧場にいた灰色の王獣を見た母が、
「死んでるの?」
と聞いてきたので、返答に困ってしまいました。
 確かにリランと違い、くすんだ体毛をしていて、じっと動かないでいるから、死んでるように見えます。
 人にあやつられる獣は哀れだ……って、ソヨンが言ってたっけ。
 人に飼われて弱ってゆく王獣と闘蛇の謎が、もうすぐ明かされるので、何も言わないでおきました。


------------ 追 記 2 ------------

 来週15日は、 高校野球中継のため放送休止でした。orz
 次回は22日、「 第32話 大罪 」 〆(..) メモメモ
 

テーマ:獣の奏者エリン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/08/08(土) 22:06:34|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8・10 | ホーム | ばてらじ!の告知>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/945-ea6cc0d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。