海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

獣の奏者エリン 第33話

 「飛翔」 ------あらすじ------

 王獣・リランが空を飛んだことを、教導師長のエサルに伝えると、彼女はエリンに、リランを訓練するよう指示しました。
 真王の王獣が逃げたら大変だからです。

 早速飛行服に身を包むエリン。
 エリンしかリランに近づけないので、鞍をつけるだけでも一苦労。
 なんとか鞍にまたがって、飛翔訓練開始です。
 
 
 ……のはずが、なぜか飛ぼうとしないリラン。
 ラザルの王獣保護場から、怪我をした王獣がやってくるまでに、飛翔訓練を終わらせなければ、リランを鎖で繋ぐと言われ、エリンはあせります。

 リランの心が分からない…エリンは、野生の王獣のように、自由に空を飛んで欲しいと思っていました。
 そこで、一旦訓練を止めて、いつものように遊ぶことに。
 するとリランは、野で戯れる小鳥たちにつられて、飛びたくなってきました。
 そのタイミングを逃さず、エリンはすぐリランの背に乗りました。

 「飛んで!」
 エリンの声に反応して、再び空へと舞い上がったリラン。
 エリンは、リランの「飛びたい」という気持ちが感じられたことを、とても嬉しいと思いました。

エリン:星井七瀬 ナレーション:平田絵里子 ヌック:藤原啓治 モック:柳原哲也 エサル:加藤沙織 トムラ:川野剛稔 カリサ:織田芙美 キリク:楠田敏之 ターヤ:堀籠沙耶 モットンの妻:橘 U子
脚本:坂井史世 絵コンテ&演出:松澤建一、布施木一喜 作画監督:沼津雅人


------感想------

 新任教導師・キリクが、いつもエリンを見張っているのが気になって気になって……。
 誰もいない時を見計らって近づいたり、挑発したり……。
 王獣を毒殺するよう、誰かに密命を受けてるし。
 何が目的なんだ、お前は!?

 リランの飛ぶシーンは、いつ見ても気持ちいいですね~。
 落ちたら死ぬって分かってますけど。(^^ゞ
 リランが黙って、じっとエリンを見つめている姿が好きです。

 来週、イアルが出るの!?どうしよう。
 続編を読み終えたばかりの身としては、イアルとエリンのツーショットってだけで、アタフタしてしまいます。

 

テーマ:獣の奏者エリン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/08/29(土) 21:38:55|
  2. アニメ>その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ばてらじ!neo7 | ホーム | 獣の奏者 探求編 完結編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/958-eaa5a0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。