海の底から

備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

H×H

 富樫義博さんの漫画、『HUNTER×HUNTER』を読みました。
 あまりのグロさに、19巻で一旦リタイアしていましたが、また急に読みたくなり、一気に最新26巻まで読破。
 お絵描きBBS.comの「版権お題版」で、ファンの熱気に触れたおかげで、私にも熱が移ってしまいました。

↓ネタバレ注意↓
 
 
 やっぱり、富樫さんの漫画は、面白い!
 ダークサイドに囚われず、固定観念を全部取っ払って読み直すと、それより強く伝えたいことがあったことに、気付かされます。

 死刑制度を容認している国で、“いのち大事に”なんて言っても、誰が信じるでしょう。
 そんな建前や、隠し事、取捨選択はせずに、全部描く。
 そうすることで、本当に伝えたいことが、伝えられる。

 …と、富樫さんは考えているのかなぁ。
 価値観や善悪の判断より、これだけは譲れない!という考え方・ポリシーを持つキャラを、魅力的に描いています。

 ナックルの、
「(オレ達)世界より大事なものがあるんです!!」
には、呆れつつも、笑って許せる説得力がありました。
 あと、仲間を大事にすることは、敵・味方を問わず、徹底して描いています。


 『HUNTER×HUNTER』では、「食べられる」ことを肯定しているところが、特異です。
 人間は食べるばかりで、食べられることがないのでは、不平等。
 自然界では、食べたり、食べられたりして、いのちは繋がっている。
 それがよく表れているのが、21巻No.215「遺言」だと思います。

 キメラ・アントの女王は、子孫を残すために、人を食べます。
 そうして生まれた兵隊蟻・コルトには、女王に食べられた=殺された人間の記憶が、強く残っています。

 その女王が死んだ直後、コルトが女王の腹から、小さな赤子をとり上げるシーンでは、不覚にも涙が出ました。

 女王に食べられなければ、人間だった自分は、死ななくてすんだのに。
 妹のレイナも、守れたのに。
 女王の子どもを、「今度こそ必ず」守るなんて…。

 いずれ、その矛盾に気付いて、苦悩するかもしれないけれど、コルトは赤子を、死んでも守るでしょうね。
 これが富樫マジックといいますか、読者は乗せられてしまうんです。

 赤子が無事で、良かったね。
 王だって、根っから悪い奴じゃない。

 …って、知らないうちに思えてくるんです。
 ちょっと悔しいけど。
 『H×H』では、作者の体験が、そのまま作品に影響しいてるようですね。
 連載中に、結婚して、子どもまで産まれるとは、本人も思ってなかったでしょう。

 ところで、追い詰められたゴンとキルアは、どうなるんだ!?
 キルアの悲しい顔を、見ようともしないゴンなんて、らしくないよ!
 いくらカイトの仇討ちでキレてたからって、こんな仲違い、ファンには耐えられません。


 王とコムギちゃん、それに死闘を繰り広げている皆も気になりますが、キルアが1番しんどいポジションに置かれているので、早く助けてやってー!!
 

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/04(水) 00:41:15|
  2. 本&漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<獣の奏者エリン 第43話 | ホーム | 獣の奏者エリン 第42話>>

コメント

けんた。さんへ

こんばんは!けんた。さん!
(お名前に「。」をつけるのを忘れてました。失礼しました。)

富樫作品は、コミックス全部持ってます!『LEVEL E』も!
王子の弟と、ルナ王女のファンです。面白かったですね。

富樫さんも、私と同じで、宮崎アニメ大好きなんですよ。
そのせいか、彼の作品には、なにか近しいものを感じます。(笑)

月一でいいから連載して欲しいところですが、すでにあきらめました。
もう、死ぬまでに読めればいいや。ヽ(´ー`)ノ
でも出来れば、『ガラスの仮面』より先に、フィナーレを迎えて欲しいです。

では、感想コメントどうもありがとうございました!
 
  1. 2009/11/08(日) 20:45:07 |
  2. URL |
  3. 藍田 海 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

海さんも『H×H』なんて読むんですねー、意外でした。
でも、記事を読み進めてみたら
作品の捉え方がいつもの海さんで、妙に納得(笑
ゴンのあれ、ホントにキレると自分では気付けなくなっちゃう辺り
私は逆に、彼らしいな、と感じました。
ゾルディック屋敷正門の「掃除係のおじいちゃん」の時みたいに
気付くきっかけをくれる人が近くにいれば良かったんですけどね。
私が一番気になるのは、「続きを描く気があるのか?」ってこと(笑
先生!そろそろ何とかしてくれませんかね~!!
もう読んでらっしゃるかとは思いますが、『LEVEL E』も面白いですよ。
  1. 2009/11/08(日) 14:19:08 |
  2. URL |
  3. けんた。 #oh6jon72
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umi88.blog54.fc2.com/tb.php/997-249e4e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

藍田海

Author:藍田海
・ Twitter

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。